相場に惑わぬ投資眼 「ESG」で有望株を買う

(1/3ページ)
2014/3/21 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「また下がった」「今日は上がった」……。少額投資非課税制度(NISA)を機に「投資デビュー」し、毎日ハラハラしている人も多いだろう。だが、投資の王道は短期の値動きに一喜一憂しない長期投資。その極意は将来に向け継続的に成長する「いい会社」選びにある。「ESG投資」のエッセンスを学び、参考にしてみよう。

 「女性ってなぜか組み立てミスを見逃さないんですよね」。ユーモアを交え企業における女性登用の重要性を説くのは建機メーカー、コマツ初の女性執行役員浦野邦子さん。12日夜、独立系のコモンズ投信が開いた「投資先企業から学ぶ」セミナーの一幕だ。

 コマツは「30年目線で投資先を選ぶ」がモットーの「コモンズ30ファンド」の投資先29社のうちの一つ。建機というと男性的なイメージだが、早くから女性社員登用に関する目標値を設定するなど、人材ダイバーシティ(多様性)に配慮した経営で知られる。東京証券取引所が選定した「ESG銘柄」の一つだ。

 ESGとは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字。その3要素で企業を分析、優れた経営をしている企業に投資をするのがESG投資だ(図A)。

画像の拡大

 具体的には、Eはエネルギー使用量や二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境面への配慮などを意味し、Sには人材多様化やワークライフバランスへの取り組みが含まれる。女性活用はこのカテゴリーの一要素だ。そしてGには資本効率への意識の高さや情報開示の充実などが含まれる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報