Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

デンソー、将棋電王戦に名乗り ロボットで王手指す

(1/3ページ)
2014/3/12 14:30
保存
印刷
その他

 今年3月15日から開催されるコンピューターとプロ棋士の対局「第3回将棋電王戦」に、産業用ロボットを手がけるデンソーが参戦することになった。デンソーは今回、将棋の駒を正確に指せるロボットアームを開発、将棋ソフトの「代指し」として全5局で提供する。真剣勝負に水を差さぬようにと、デンソーの開発陣も本気で臨む。

 今年で3回目を迎える将棋電王戦は、これまで以上に「人間対コンピューター」の色が濃くなる。デンソーが、日産自動車やローソンに続く4番目の協賛企業として名乗りを挙げたからだ。

デンソーが将棋電王戦で提供する「電王手くん」
画像の拡大

デンソーが将棋電王戦で提供する「電王手くん」

 デンソーが提供するのは「電王手くん」と称するロボットアーム。各将棋ソフトが決めた指し手の情報を受け、任意の駒を将棋盤上に置くことができる。デンソー子会社が販売する産業用の垂直多関節ロボットを改良した。木製の駒をアーム先端の吸盤が吸着し、移動する。

 これまでの電王戦は将棋ソフトが考えた指し手を人間が盤上に反映していたが、電王手くんの導入で、思考も動作もコンピューターが担うことになる。

 産業用ロボットの進化からすれば造作もない、と思いきやさにあらず。電王戦に臨むプロ棋士、ソフト開発者同様、デンソーの開発陣も真剣勝負で挑んでいる。

■将棋の駒を運ぶ難しさ

 「人が片手で簡単にやれることを、ロボットがまねるというのは、実は簡単ではない。それを今回、限られた時間で実現させることは、我々にとって大きなチャレンジでした」。プロジェクトの責任者を務めるデンソーウェーブ制御システム事業部の沢田洋祐氏はこう話す。

 通常、産業用ロボットが扱うのは樹脂や金属でできた精緻な部品。だが今回は、木製の駒を正確につかみ、運ばなければならない。しかも、駒の寸法や彫られた文字の形状に加え、対局相手のプロ棋士が指す駒の位置や将棋盤の形状にもばらつきがある。

 さらに対局場所は工場ではない。将棋盤の向こうに座るプロ棋士の動作はロボットの可動域と重なるため、工場以上に安全性を徹底する必要がある。全5局の会場は、有明コロシアム、両国国技館、小田原城などすべて異なり、ポータビリティーを考慮したシステム開発も迫られた。

 しかしデンソーの開発陣は、これらの課題を約1カ月でクリアした。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

デンソーロボット将棋電王戦ドワンゴ谷川浩司川上量生

【PR】

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 新型「プリウスPHV」。2016年秋に日米欧で発売を予定しており、日本では6月に初公開された(写真は日本仕様車)

電池容量2倍でEV走行60キロ超 トヨタ新PHV [有料会員限定]

 トヨタ自動車プラグインハイブリッド車(PHV)の新型「プリウスPHV」を“今冬”に日米欧で発売する。電気自動車(EV)走行の距離を延ばし、走行性能を向上させたのが特徴である。日本・欧州仕様車には、…続き (8/30)

プロ野球では1球ごとに試合経過の詳細を公式記録員がパソコンで記録している。写真は球界を代表する人気を誇る、日本ハムの大谷翔平選手(写真=共同)

日本野球機構、28年ぶりシステム大刷新の舞台裏

 80年以上の歴史を持つ日本のプロ野球。日々産み出され、綿々と受け継がれてきた「公式記録」を支える仕組みが、2016年春に一新されたことはあまり知られていない。一般社団法人日本野球機構は2月、公式記録…続き (8/30)

市光工業の電子ミラーの試作機

「電子ミラー革命」へ コスト5~10倍、実用化の課題 [有料会員限定]

 1980年代のフェンダーミラーからドアミラーへの移行をはるかに超える、自動車用ミラーの大変革が近づいている。「電子ミラー」の解禁である。電子ミラーは、(1)車両デザインの自由度向上、(2)死角の低減…続き (8/26)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年8月31日付

2016年8月31日付

・東芝テック、POSレジ、ソフト重視
・東大・アールト大、無色透明の有機太陽電池
・サイジニア、通販サイト、AIがお薦め
・ウシオライティング、ビル・橋向けの景観照明を拡販、LEDに付加価値
・AMED、治験検証の専門家養成…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト