日本経済新聞

10月26日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ソチ五輪特集

解説者の目(宮本賢二)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

フィギュア、SPで出遅れ禁物 浅田はきっちり調整

(1/3ページ)
2014/2/19 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 選手ならずとも、いよいよこの日が来たかという緊張感がある。バンクーバー大会から4年、フィギュアスケート女子で浅田真央選手と金妍児選手が再び相まみえる。2人の対決に割って入りそうな若手の台頭もあり、激戦の余韻が残る男子に劣らない熱い戦いになるだろう。

浅田は一度ソチのリンクを経験したことで今度は落ち着いて演技できるはず=写真 柏原敬樹
画像の拡大

浅田は一度ソチのリンクを経験したことで今度は落ち着いて演技できるはず=写真 柏原敬樹

 もっとも、男子と女子では試合の様相は少々異なるはずだ。男子は4回転の成否次第で得点も順位も大きく変動するという波乱要因がある。今大会でもショートプログラム(SP)で9位だったデニス・テン選手(カザフスタン)が銅メダルに輝いたように、順位が大きく入れ替わった。

3回転が中心、演技に波乱要素少なく

 男子に比べると、女子の演技は波乱要素が少ない。浅田選手がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑戦する以外は、3回転ジャンプを中心とした戦いだ。比較的安定感が高い分だけ、各選手が持っている演技構成の基礎点から大きく点数が動くことはなさそう。メダルを争うためにはSPで出遅れたくないところだ。

 ファンの方たちが一番注目しているのは浅田選手の状態だろう。8日の団体戦のSPではトリプルアクセルで転倒して心配させたが、17日の公式練習の映像などを見る限りではアルメニアできっちり調整してきたようだ。トリプルアクセルは回転軸がぶれることなく、回転もしっかりと足りていたし、ランディングで余裕を持って両手を広げることができていた。

 団体戦でも軸こそゆがんでいたものの、着氷の寸前まで体を開かずに締めていたので、それほど悪い内容のジャンプだとは思わなかった。かなり緊張していて、心の準備が整わないままに演技に臨んでしまったようだが、一度ソチのリンクを経験したことで今度は落ち着いて演技できるはずだ。最終滑走という順番も悪くないと思う。

浅田、落ち着いた大人のスケーターに

 今季のSPの曲「ノクターン」は、本当に浅田選手に似合っている。4年前は「トリプルアクセルの真央ちゃん」だったが、今は演技全体で見せる落ち着いた大人のスケーターに成長した。演技構成点も高得点が望めるとみている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

フィギュアスケートのコラム

【PR】

解説者の目(宮本賢二) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ソチ五輪フィギュア女子フリーで力強い演技を見せる浅田真央(20日、ソチ)=写真 柏原敬樹

浅田真央、納得の集大成フリー 4年間の進歩凝縮

 終わり良ければすべて良し、と言っては少々乱暴かもしれないが、浅田真央選手のフリーの演技には心を打たれた。勝負の世界に「タラレバ」はないけれど、最終滑走グループだったら点数はもっと出ていたに違いない。…続き (2/21)

浅田は一度ソチのリンクを経験したことで今度は落ち着いて演技できるはず=写真 柏原敬樹

フィギュア、SPで出遅れ禁物 浅田はきっちり調整

 選手ならずとも、いよいよこの日が来たかという緊張感がある。バンクーバー大会から4年、フィギュアスケート女子で浅田真央選手と金妍児選手が再び相まみえる。2人の対決に割って入りそうな若手の台頭もあり、激…続き (2/19)

金メダルを獲得し、日の丸を背に声援にこたえる羽生=写真 柏原敬樹

ジャンプ豪快、演技も洗練 羽生時代の到来

 ジャンプの転倒もあれば、足が止まりかける局面もあった。羽生結弦選手自身も百パーセント満足できる演技ではなかったかもしれないが、この日ばかりは金メダルという結果が全て。日本のフィギュアスケート界に身を…続き (2/15)

【PR】

【PR】

試合速報・結果

ワールドシリーズ(10/25)結果一覧

ジャイアンツ (9:07) ロイヤルズ

 主な日本人選手の成績

更新 共同通信社提供

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について