美走・快走・楽走

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

力まない腕振りで走るコツ、FIFA審判も驚いた
ランニングインストラクター 斉藤太郎

(1/4ページ)
2013/6/27 7:00
共有
印刷
その他

 国際サッカー連盟(FIFA)主催の2014年ワールドカップの候補レフェリー講習会がブラジル・リオデジャネイロで5月下旬に開かれました。1試合で13キロを走るといわれるサッカー審判。私はランニングインストラクターとして招かれ、世界各国から集まった52人のレフェリーに効率の良い走り方を指導してきました。

走りの力の無駄遣いは万国共通

世界各国から集まったサッカー審判に効率の良い走り方を指導した(5月、リオデジャネイロ)

世界各国から集まったサッカー審判に効率の良い走り方を指導した(5月、リオデジャネイロ)

 私は各国の優秀なレフェリーたちの姿勢に注目しました。彼らはアスリートであり、世界トップ級の面々。日本人に多い猫背気味の人は誰もいません。特にアフリカ勢の姿勢は美しかったです。腰の位置が高くて、1本の垂直ラインが見えてくる中心軸。2本の脚から頭の先、天に向かってスーッと立っているシルエット……。

 ところが実際に走ってみると、アフリカ勢のみならず、美しい姿勢なのに力みや凝り固まった状態を抱えているために、走りの動きが阻害されている人が目立ちました。部位でいうと肩、肘、ふくらはぎです。

 また、骨盤が前傾しているのはいいのですが、その度合いが極端であり、上半身ののけ反りがきつくて、腹筋を使えていないような走りをする人もいました。こうしたランニング中の力の無駄遣いは日本人だけの問題ではなかったようです。

アフリカ勢は誰もが速いわけではない

 アフリカ勢は誰もが美しいフォームで速く走るというのは、陸上界のトップアスリートに限った現象であり、これはある種の偏見だったのかもしれないと感じました。

 6日間の講習期間中、様々な角度からアドバイスをしたのですが、最も多く使ったのは「肩をリラックス」というフレーズでした。

 バスケットボールのドリブルを思い浮かべてください。バウンドしたときの頂点付近で力を入れてボールをたたくので、重力を生かして最小限の力でボールを弾ませることができます。終始、力ずくでボールをたたいていたらどうなるでしょうか? 疲れてしまいます。腕振りも同じです。

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

走る楽しさを語る「ランナー集まれ」


美走・快走・楽走 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

小学生から中学生にかけて子どもたちは成長途上にある

 小学生や中学生のお子さんを持つ保護者の方々から「今の時期に取り組むべきことは何ですか?」という質問をよく受けます。シリーズ「子どもに正しい走り方を」の最終回はこの点について考えてみたいと思います。 …続き (4/30)

ランニングの重要ポイントは「地面を踏みしめる」こと

 「日ごろ意識すべきことは何ですか?」。子どもを持つお父様、お母様からこうした質問を多く受けます。シリーズ「子どもに正しい走り方を」の第2回は、子どもが日ごろ意識することと大人が意識すべきことについて …続き (3/30)

うまく走れる子はボールが弾むように前に体を弾ませている

 お子様への指導をしていて質問を受けます。お父さん、お母さんなりにお子様の走りを見て、速い子と比べて何かおかしい。そんな違和感を覚えながらも、何がどう違うのかがはっきりわからない。そんなもどかしさを持 …続き (3/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]