ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

脳波で操る「分身ロボット」 高齢化社会の助っ人に、産総研など

(1/2ページ)
2013/3/27 12:34
共有
保存
印刷
その他

 脳で念じることで、人型ロボットが「自分の分身」として自由自在に動き回る――。「アバター」「サロゲート」などのハリウッド映画では、人間が遠隔操作で人型ロボットを思いのままに操る近未来の世界が描かれている。そうした光景が想像以上に早く実現するかもしれない。

産総研の吉田氏(左)とCNRSのケダー氏
画像の拡大

産総研の吉田氏(左)とCNRSのケダー氏

 人型ロボットと人工知能研究のそれぞれの分野で強みを持つ日仏の政府系研究機関がタッグを組み、脳波で人型ロボットを操る研究が進められている。体を自由に動かすことが難しくなる高齢者や障害者のパートナーとして、または、人が立ち入ることができない状況に陥った原発事故の助っ人としてなど、幅広い分野での活躍が期待されている。

 「(ロボットが)振り返る角度をもう少し変えた方がいいんじゃないか」「足の部分のモーターの調子は」――。独立行政法人産業技術総合研究所(茨城県つくば市)のAIST-CNRSロボット工学連携研究体長の吉田英一博士やフランス国立科学研究センター(CNRS)のアブデラマン・ケダー教授らが、パソコンの画面に映し出されたアルゴリズム(演算手法)を見ながら議論を交わす。脳波で人型ロボットを自在に操ることを目指す「CNRS―AIST JRL」ジョイントロボティクスラボラトリー)の研究開発メンバーだ。産総研の研究棟では、英語やフランス語が飛び交い、ロボットやアルゴリズムの解析などが日々繰り返されている。

■脳波で「缶つかみ、歩行」

 電極を付けたヘッドギアを装着した仏人研究員が、目の前の画面に映し出された赤、黄、青の缶やペットボトルの中から実際に並べてある黄色の缶に神経を集中させると、人型ロボットが黄色の缶をつかみ、横に設置された机まで歩き、その缶を机に静かに置いた。

ヘッドギアを装着した研究員の脳波をセンサーが読み取って人型ロボットに伝達する

ヘッドギアを装着した研究員の脳波をセンサーが読み取って人型ロボットに伝達する

 缶やペットボトルはパソコンの画面上で点滅している。信号処理装置は、視覚をつかさどる神経が集中する後頭部の脳波(=画像情報)から、被験者がどの物体に集中しているかというデータを読み取る。BCI(ブレインコンピュータインターフェイス)という技術だ。認識した物体から、「つかむ」といった行動をあらかじめ関連付けさせている人型ロボット「HRP―2」にその情報を伝える。

 ロボットを歩かせたい時は、画面の上下左右の矢印を、机のどの場所に置くかを選択する時は、画面に表示される4つの円に「集中」することでロボットがその方向に動いたり、決まった場所に置いたりすることができる。

 産総研とCNRSは2010年6月から共同プロジェクト「VERE(Virtual Embodiment and Robotic Re-Embodiment(ヴェレ)」に取り組んでいる。CNRSから派遣、共同プロジェクトに携わるケダー教授は、「ヒューマノイドロボット(人型ロボット)の先端を行く日本と人工知能研究で強みを持つ仏が得意なところを持ち寄ることで、相乗効果を出せる」と期待する。 同氏によれば仏政府はこのほど、1億ユーロ(120億円)の予算を計上し、高齢者の助けとなるようなサービスロボットの開発に力を入れていくことを表明。特に人型ロボの研究で世界をリードしてきた日本との連携を重視しているという。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

多剤耐性菌が世界でまん延している。写真は独ヘルムホルツ感染研究センター(HZI)が電子顕微鏡で撮影した腸管出血性大腸菌=ロイター

ロイター

耐性菌猛威、世界に警鐘 2050年にがん死者上回る [有料会員限定]

 結核やマラリア、エボラ出血熱などに加え、多くの抗生物質が効かなくなった耐性菌のまん延が国際社会の脅威となっている。日本の取り組みに期待が集まるなか、アジアの感染症対策を話し合う第4回日経アジア感染症…続き (4/25)

印刷でも実用十分なIC 東レ「使い捨てタグ」に応用へ [有料会員限定]

 東レは、通常より安価な印刷工程で造る塗布型半導体の電子移動度を世界最高水準に高める製造技術を開発した(図1)。電子移動度を示す数値は、81cm2(平方センチメートル)/Vsだ。

 920 MHz帯のR…続き (4/14)

図1 パナソニックファクトリーソリューションズのプリント基板生産ライン。顧客に提供する「スマートファクトリーソリューション」を、まずここで検証する

スマート工場実現へ、カギ握る「ITと現場運用の融合」 [有料会員限定]

コンセプトの議論から現場での実証へ――。「スマート(賢い)工場」の実現に向けた取り組みが加速している。パナソニックのグループ企業で、電子部品実装システムなどを手掛けるパナソニックファクトリーソリューションズ。その主力工場がある甲府事業所の一角で、…続き (3/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月28日付

2017年4月28日付

・プログラミング技術高い学生、面接行くと支援金 ギノ、IT企業の採用後押し
・旭化成 深紫外線LEDで殺菌 窒化アルミニウム活用
・メタウォーター、カンボジアで省エネ設備 浄水場ポンプの消費電力削減
・三井化学、化学品製造に使う触媒酵素、社外向けに開発
・ALSOK、水害時の避難を支援 介護施設の計画づくりや訓練…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト