フィギュアの世界

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

浅田真央が示した逆境力 腰痛にもポジティブ思考
フリーライター・野口美恵

(1/4ページ)
2012/12/14 7:00
共有
印刷
その他

 ロシアのソチで9日まで開かれたグランプリ(GP)ファイナルで、4年ぶりの優勝を飾った浅田真央。腰痛を感じながらも耐えていたことを、試合後に明らかにした。ケガの不安を抱えながらの戦いのなか、浅田が手にした逆境からの成功術とは――。

SPは最高の演技だったが…

 浅田にとって、GPファイナルの出場は2008年に金妍児の地元、韓国で開催された大会で優勝して以来。久々の舞台だったが、7日のショートプログラム(SP)は66.96点をマークして首位に立つ順調な滑り出しだった。

 「3回転+2回転」などのジャンプを決めると、スピンとステップは最高の技術レベルの「4」を獲得。「アイ・ガット・リズム」のアップテンポな曲に合わせた軽やかなステップは、見ている側が楽しい気持ちになるような最高の演技だった。

 「明日も、今日のようにしっかりエレメンツをやりたいです。スピードを最後まで落とさずに滑ることが目標です」。浅田はSPの後、満足そうに語っていた。

フリーの日の朝から腰痛が悪化

 ところが翌日、フリースケーティング直前の6分間練習で、浅田はほとんどのジャンプが1回転や2回転になり、明らかに普通の状態ではなかった。その日の朝からNHK杯後に悪化した腰の痛みがひどくなっていたという。

 6分間練習が終わると、佐藤信夫コーチと久美子コーチに打ち明けた。

 「腰が痛くて、全然力が入らないのでジャンプがコントロールできなくて、滑れない」

 すると佐藤コーチは間髪入れず、こう言った。

 「中途半端は良くない。やめるならやめる、やるならやる。それしかない」

共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アイスショーで現役引退後の初滑りを披露した浅田さん=共同共同

 浅田真央が7月29日、プロスケーターとしてデビューした。舞台は今年で11回目を迎えた「The Ice」。浅田をたたえる内容となった今回は、近年まれに見る素晴らしいアイスショーとなった。 …続き (8/9)

自身の公式ブログで引退を表明した浅田真央(2014年2月)

真央が導いたフィギュア界 [有料会員限定]

 フィギュアスケートの2010年バンクーバー五輪銀メダリスト、浅田真央さん(26)が4月、競技から引退した。記者会見で「私もスケート界を引っ張ってこれたかな」と話した偉大なヒロインが火付け役となり、日 …続き (5/10)

五輪連覇を狙う羽生は平昌へどのようなプログラムを準備するのだろうか=共同共同

 4回転ループを跳ぶと決めた2016~17年シーズンの羽生結弦(ANA)は、シーズン終盤の3大会連続でループを含む4回転ジャンプをフリーで計4回成功し、18年平昌五輪へいい形で締めくくった。だが、ショ …続き (5/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]