私が見た「未来世紀ジパング」

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アジアの「へそ」タイ 中国の反日で高まる価値
編集委員 後藤康浩

(1/2ページ)
2013/2/17 7:00
共有
印刷
その他

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済が好調だ。ASEAN全体の昨年の成長率は5.2%と2011年の4.6%を上回った。タイ、ベトナム、インドネシアなど主要5カ国だけでみれば5.6%に達している。中国の昨年の成長率は7.8%で依然としてASEANを上回っているが、差はじりじりと狭まっている。何より中国の成長率は減速が続いており、中長期のトレンドを捉えれば「昇るASEAN、落ちる中国」という傾向が鮮明になりつつある。

バンコク郊外にある「アマタナコン工業団地」。日系企業の進出が続いている
画像の拡大

バンコク郊外にある「アマタナコン工業団地」。日系企業の進出が続いている

 勢いを増すASEANを先頭でけん引しているのはタイである。国内総生産(GDP)の規模ではインドネシアがASEANの40%を占め、圧倒的な存在感を示す。1人当たりGDPでは5万ドルを超えるシンガポールが先頭に立つ。だが、インドネシアは人口がタイの3.5倍もあり、シンガポールは人口500万人強の国にすぎず、他のASEAN諸国のモデルにはなりにくい。自動車、電機・電子、食品など輸出産業が高成長を続け、内需も好調。政治や社会など国内も安定してきたタイは今や「ASEANの心臓」になった。タイの成長がASEAN経済に成長のリズムや勢いを与え、各国の産業に必要な部品、素材、技術を供給する役割を果たしていくからだ。

 では、なぜタイがASEANの「心臓」になったのか?

■ビジネス地政学で抜きんでた優位性

 アジアの広域地図を広げてみよう。日本はアジアの中で太平洋に沿って国土が延びた海洋国家、中国はユーラシアの東を占める大陸国家、インドはユーラシアの南に位置するが、国土が海に突き出した亜大陸国家といえる。その地図でタイの位置を眺めれば、アジアのど真ん中に位置し、太平洋とインド洋の両方面に出口を持ち、いわば「アジアのへそ」となる。日本、中国、インドの経済大国に等しくアクセスできる位置こそ、タイの最も重要なビジネス上の武器だ。

屋台で日本食を提供する「ジャパンフードフェスティバル」。未来世紀ジパング(テレビ東京系列)では日本企業が注目するタイの今を検証する
画像の拡大

屋台で日本食を提供する「ジャパンフードフェスティバル」。未来世紀ジパング(テレビ東京系列)では日本企業が注目するタイの今を検証する

 中国や韓国、台湾の部品を輸入し、周辺のカンボジア、ミャンマーの労働力を活用、東にも西にも自在にモノを輸出できる。昨年9月に「ジパング」でも紹介したが、バンコクから中国内陸の雲南省昆明までは1800キロの高速道路、南北回廊がつながり、中国内陸へのアクセスもある。もちろん自由貿易圏が構築され、2015年には経済共同体もできるASEANは国内市場に近い。ビジネス地政学でみれば、タイの優位性は抜きんでている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

私が見た「未来世紀ジパング」 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インドネシアの大気汚染

「煙害」がいぶし出す多国籍問題

 人々は煙の中でぶつぶつと不平不満を言う。けれども煙の外側でいったい何が起きているのかは正確には知らない。知ろうともしない。真犯人は誰なのか。どんな対策が講じられているのか……。謎だらけのヘイズ(煙害…続き (2015/11/29)

地震で倒壊したネパールの世界遺産

ネパール、震災転じて新しい国づくりへ

 今年4月末、ネパールを大地震が襲った。死者行方不明者8000人を超えるという未曽有の大災害。ネパールで一般的なレンガ積みの住宅の多くは全壊し、カトマンズ盆地に点在する世界遺産の寺院群も崩れ去った。エ…続き (2015/11/1)

天津港周辺では壊れた車や建物の撤去作業が続く(天津市)

中国社会脅かす安全問題~必要なのはコンセンサス

 習近平政権が進める反腐敗闘争は中国の最高指導部の一人だった周永康・元共産党中央政治局常務委員に司直の手が伸びるまで進んだ。汚職に対する中国人の見方もかつての「賄賂は中国四千年の伝統」という諦めと妥協…続き (2015/10/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<7/17の予定>
  • 海の日
  • 4~6月期の中国国内総生産(GDP、11:00)
  • 6月の中国工業生産高(11:00)
  • 6月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~6月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~6月の中国不動産開発投資(11:00)
  • 7月のニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 海外4~6月期決算=ブラックロック、ネットフリックス
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/18の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 6月と1~6月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 3~5月期決算=東宝
  • 【海外】
  • 6月の中国主要70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(4日開催分、10:30)
  • 6月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の欧州経済研究センター(ZEW)の独景気予測指数(18:00)
  • 6月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 7月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 5月の対米証券投資(19日5:00)
  • 海外4~6月期決算=ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ、ユナイテッドヘルス・グループ、IBM
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/19の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合(20日まで)
  • 7月の月例経済報告(内閣府)
  • 7月のQUICK短観(8:30)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 鈴木日証協会長の記者会見(14:30)
  • 6月の訪日外国人客数(JNTO、16:00)
  • 4~6月の訪日外国人消費動向調査(観光庁、16:00)
  • 日商の夏季政策懇談会
  • 三村日商会頭の記者会見
  • 東証マザーズ上場=ユニフォームネクスト
  • 【海外】
  • 5月の対米証券投資(5:00)
  • 6月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • 米中包括経済対話(ワシントン)
  • 6月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 4~6月期決算=モルガン・スタンレー、クアルコム、アメリカン・エキスプレス
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/20の予定>
  • 【国内】
  • 6月と1~6月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の結果発表
  • 7月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」(日銀)
  • 黒田日銀総裁が記者会見(15:30)
  • ソフトバンクの法人向けイベント「ソフトバンクワールド2017」
  • 6月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 4~6月期決算=安川電
  • 東証2部上場=ジェイ・エス・ビー
  • 東証ジャスダック上場=クロスフォー
  • 【海外】
  • 6月の豪雇用統計(10:30)
  • インドネシア中銀が政策金利を発表
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • 6月の英小売売上高(17:30)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の結果発表(20:45)
  • ドラギECB総裁が記者会見(21:30)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 7月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 4~6月期決算=トラベラーズ、イーベイ、ビザ、マイクロソフト
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/21の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 5月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 橋本生保協新会長が記者会見(16:00)
  • 経団連の夏季フォーラム
  • 榊原経団連会長の記者会見
  • 6月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 6月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、14:30)
  • 4~6月期決算=東京製鉄、ジャフコ、光世
  • 【海外】
  • 4~6月期決算=ゼネラル・エレクトリック(GE)、ハネウェル・インターナショナル
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]