ランナー集まれ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

レースっていい 走っている人はみな仲間
編集委員 吉田誠一

(1/4ページ)
2012/11/24 7:00
共有
保存
印刷
その他

 以前はフルマラソンだけでなくハーフマラソンでも、レースに出るたびに自己ベストを狙っていた。しかし、いまは違う。それほどガツガツしていない。

 ようやく大人になったということだろうか。ターゲットにしているフルマラソン以外は、そのための練習の一環と位置づけ、強化の段階に合わせたペース設定で走れるようになっている。

いわい将門ハーフマラソンでゴールを目指して走るランナー

いわい将門ハーフマラソンでゴールを目指して走るランナー

最大のターゲットは来年2月の別大

 今シーズンの最大のターゲットは来年2月3日の別府大分毎日マラソンと決めている。そこまでのレースはすべて練習の一環だと考えている。

 仕事の関係で、9月末まできちんとした計画をもとに走り込むことができなかった。今季の実質的な脚づくりは10月にスタートしたようなものだ。ここからの4カ月で別大を目指すプランを描き、10月は昨年8月以来14カ月ぶりに月間走行距離が300キロを超えた。

 距離がすべてではないが、何となく第1ステップをしっかり踏めた充実感を覚えている。300キロの壁を越えてみたら、不思議なもので、「オレは本気だぞ」という気持ちがふつふつと湧いてきた。「待ってろ、別大」と口に出したわけではないが、心の中はそんな感じだ。

調整レースとして「いわい将門ハーフ」に出場

 とにかく第1ステップは越えた。そこで11月11日、いわい将門ハーフマラソン(茨城)を調整レースとしてこなした。

 ハーフマラソンの自己ベストは1時間33分26秒(グロスタイム)。いまの段階では、そこまでのスピードの持続力はついていない。

 そこで、立てたプランは「1キロ=4分半、5キロにすると22分半のペースで粘る」。

 このペースだと、フィニッシュタイムは1時間35分になる。できれば後半少しペースを上げて、1時間34分台でゴールしようと思っていた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ランナー集まれ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日光杉並木の森閑とした中に身を置くと気持ちが引き締まった

 頑張っていないわけではないけれど、その頑張りが中途半端で、結局、頑張っていないのと同じようなものではないかという反省もあって、私はこの夏、100キロマラソンの連戦を自分に課した。
 6月11日のいわて …続き (7/10)

午前4時のスタート前、すっきりとした頭で号砲を待つ

 ウルトラマラソンに出場する前にしなければならないことの一つに「時差調整」がある。ウルトラマラソンは制限時間が長いため、スタート時間が朝早い。
 6月11日に挑んだ「いわて銀河100kmチャレンジマラソ …続き (6/15)

自分を追い込むことで、新たな世界に踏み込めるのではないか

 6月11日にいわて銀河100kmチャレンジマラソン(岩手)に挑み、さらに7月2日に日光100kmマラソン(栃木)を走る。ウルトラマラソンの連戦を前に、私はわくわくしている。
「バカなこと」に、なぜか …続き (5/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]