テックまとめ読み

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

急成長のLINEが参入 ソーシャルサービス、次の覇者は

2012/8/14 7:00
共有
印刷
その他

 ゲームやSNS(交流サイト)などで発展を遂げてきたソーシャルサービス。ここに参入する新興企業が相次いで成功を収め、勢力争いが激化の一途をたどっている。

 台風の目となっているのが、無料通話アプリ「LINE」を擁するNHN Japan(東京・品川)。わずか1年強でユーザー数は世界230カ国以上、5000万人を突破。その勢いを駆って、6日に「ホーム」と「タイムライン」の2機能をリリースし、ソーシャルサービスに参入。カメラアプリ「LINE camera」も1000万ダウンロードを超えた。決済機能も追加する予定で、その勢いはとどまるところを知らない。

 ソーシャルゲームではコンプガチャ全廃や、グリーとDeNAの訴訟合戦などを経て、次の収益源の確保に向けた動きが始まっている。DeNAが9日に発表した4~6月の純利益は6%増。14日にはグリーが決算発表を予定しており、今後の戦略に注目が集まる。

 一方、世界に飛び出す“日本発”サービスにも注目だ。1日200万人以上が訪問する動画配信サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」は、今夏から海外展開を本格化させる。“オタク”文化を世界に発信する「Tokyo Otaku Mode」は日本人が運営するフェイスブックページで最多のファンを集め、米シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタルの投資先に選ばれた。ソーシャルを活用したサービスで短期間に急成長を遂げる新興企業が相次ぐなか、次の覇者となるのは――。

ソーシャルにも手を伸ばすLINE 戦略のカギは

コンプガチャ全廃 ソーシャルゲーム次の一手は

新興企業が主役 “日本発”のサービスが続々世界展開

テックまとめ読みをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ



【PR】

テックまとめ読み 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イオンが4月に発売したことで「格安スマホ」がブームとなった

格安スマホ・ニッポン改造・ノーベル賞… 2014年を振り返る

 スマートフォン(スマホ)からニッポン改造、ノーベル賞、STAP細胞など。今年も「テクノロジー」の分野では、めまぐるしい様々な動きがあった。今年公開した記事の中から、よく読まれたものをピックアップして…続き (2014/12/31)

バラ色でないシェール革命 新エネ・環境問題の「解」探る

 2013年も引き続き新エネルギーや節電、原発問題などに対する電子版読者の関心は高かった。中でも注目されたのがシェールガスだ。シェールガスは2000年代に入って新しい採掘技術が確立され、大幅な低コスト…続き (2013/12/31)

あなたは眼鏡?腕時計? ポストスマホ競争始まる

 まもなく終わる2013年は、体に常時身につけて使う、いわゆる「ウエアラブル端末」と呼ばれる情報機器が普及し始めた最初の年と振り返られることになるだろう。日本経済新聞電子版のテクノロジーのセクションで…続き (2013/12/30)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月28日付

2017年6月28日付

・ドローンとAIで獣害優しく防ぐ スカイロボット、動物の行動予測、超音波で退ける
・網膜の炎症に飲み薬 窪田製薬が再挑戦
・太陽光パネルのアンフィニ、福島に新工場 国産で住宅市場に照準
・日本信号、屋外でも高精度に障害物検知 小型3Dセンサー
・東大発VBのエルピクセル、基礎研究をAIで効率化 細胞画像を自動判定…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト