日本経済新聞

12月21日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ダイヤモンドの人間学(広澤克実)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

西武・中村だけがなぜ統一球を飛ばせるのか

(1/4ページ)
2012/6/17 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 交流戦だけで12本塁打をマークしていた西武の「おかわり君」こと中村剛也が、けがで登録抹消された。独走でホームラン王に輝いた昨季の勢いを取り戻していただけに惜しいが、それにしても、なぜおかわり君だけがホームランを打てるのか。理由を考えていくと、2010年まで使われていた飛ぶボールやストライクゾーンなど、日本球界の「ガラパゴス化」に突き当たる。

統一球の導入で野球が変わる

 プロ野球は一昨年までの「よく飛ぶ」とされたボールから、飛び方の小さい低反発球に11年から切り替えた。それまでミズノ、アシックス、ゼット、久保田の4社の製品の中から各球団が選んでいたボールをミズノ1社に統一した。理由は「国際基準に合わすべき」というコミッショナーの指導の下で、国際使用球に近い仕様にするためだ。

 この低反発球で野球が変わった。投手ランキングには防御率1点台がずらりと並び、打者は本塁打が激減。これでは商売にならないと泣きが入り、選手会がボールの影響を検証するよう要望している。

 ちょっと待てよ、と言いたい。なんのために低反発球を導入したのか。

 10年までの飛ぶボールに慣れて、力強いスイングを失った日本の打者は、今や「メジャーでは通用しない」と烙印(らくいん)を押されている。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)などの国際大会で、国際球を打ったときに通用しなくなる恐れもある。日本球界オンリーの仕様でなく、グローバルスタンダードに合わせなくては、ということで統一球にしたはずではなかったのか。

“バブル的状況”が打者のスイングを小さなものに

 飛ぶボールは日本人野手の技術を下げ、メジャーでの評価の低下をもたらした。日本で30本ホームランを打つ選手が、向こうでは2ケタ打てるかどうか。泳いだり、こすったような当たりでも10年までの球なら本塁打にできた。これがガラパゴス化を促した。

 フルスイングしなくても、オーバーフェンスできるという“バブル的状況”が、各打者のスイングを小さなものにしてしまっていたのだ。

 昨年から各球団が統一球対応を進めた結果、バントを多用し、盗塁、エンドランといった小技を重視するようになっている。中軸にも進塁打を意識したと思われるスイングが目立つ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

【PR】

ダイヤモンドの人間学(広澤克実) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

五輪復帰が現実味を帯び、笑顔の日本ソフトボール協会の宇津木妙子副会長(左)と全日本野球協会の鈴木義信副会長=共同

共同

野球の五輪復活に現実味 それでも残る懸案

 2020年東京五輪で、野球が復活する可能性が出てきたが、今後クリアしていくべき問題も少なくない。「侍ジャパン対大リーグ機構(MLB)オールスター」と銘打った今年の日米野球はメジャー側の調整不足もあっ…続き (12/11)

日本シリーズ第5戦、一ゴロで一塁に駆け込む西岡が守備妨害と判定されて試合終了=共同

共同

四球は「フォアボール」にあらず 野球用語の不思議

 ソフトバンク対阪神の日本シリーズが守備妨害というあっけないかたちで幕を閉じた。一部のマスコミや、その終わり方に納得のいかない人たちから「誤審ではないか」「ビデオ判定を取り入れろ」という声が上がった。…続き (11/20)

ソフトバンクがオリックスを下し優勝を決めた大一番の味が、CSで両者が再び戦うことになれば薄まってしまわないか

緩すぎるCSに限界 前後期制も一案

 メジャーリーグはポストシーズンに入り、青木宣親が所属するロイヤルズの奮闘などで盛り上がっている。メジャーはア、ナ両リーグ15チームずつあり、そのうち地区シリーズに4チームが進み、リーグ優勝を争い、ワ…続き (10/12)

【PR】

新着記事一覧

ハイライト・スポーツ

【PR】

試合速報・結果

日本シリーズ(10/30)結果一覧

ソフトバンク 1 (終了) 0 阪神
更新 共同通信社提供

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について