日本経済新聞

11月29日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

スペシャル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本人初の快挙、8000メートル峰14座登頂 竹内洋岳

(1/3ページ)
2012/5/26 21:38
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

日本人初の「14サミッター」となった竹内洋岳(右)。無酸素、シェルパを頼まないシンプルなスタイルを貫く
画像の拡大

日本人初の「14サミッター」となった竹内洋岳(右)。無酸素、シェルパを頼まないシンプルなスタイルを貫く

 日本山岳界の悲願ともいうべき世界の8000メートル峰、最後の14座目を目指していたプロ登山家の竹内洋岳(ひろたか、41歳、ICI石井スポーツ所属)が26日、ネパール北部のヒマラヤ山脈のダウラギリ1峰(8167メートル、第7位)登頂に成功し、超人ラインホルト・メスナー(イタリア)以来、世界で29人目の「14サミッター」に、日本人として初めて名を連ねた。 

 今年のヒマラヤは天候が不安定で、長くBC(ベースキャンプ=4700メートル)に停滞を余儀なくされたが、それから解放されるかのように、23日早朝、竹内洋岳とカメラマンの中島ケンロウが元気に出発した。

足かけ18年、世界29人目の快挙

 途中C2(キャンプ2、6600メートル)からC3(7200メートル)に向かって6800メートルにさしかかったところ、中島が体調不良を訴え、チョー・オユーに続く登頂はならず、下山した。

竹内洋岳の8千メートル14座完登の道のり
マカルー1峰(8463メートル)1995年
エベレスト(8848メートル)1996年
K2(8611メートル)1996年
ナンガパルバット(8125メートル)2001年
アンナプルナ1峰(8091メートル)2004年
ガッシャーブルム1峰(8068メートル)2004年
シシャパンマ(8027メートル)2005年
カンチェンジュンガ(8586メートル)2006年
マナスル(8163メートル)2007年
10ガッシャーブルム2峰(8035メートル)2008年
11ブロードピーク(8051メートル)2008年
12ローツェ(8516メートル)2009年
13チョー・オユー(8201メートル)2011年
14ダウラギリ(8167メートル)2012年

(注)ナンガパルパット以降はいずれも無酸素での登頂

 ここからは竹内が単独で頂上を目指すことになった。C3に25日14時20分到着。山岳気象のスペシャリスト「ヤマテン」の猪熊隆之から「26日の風はこの数日でもっとも弱い状態になる」との朗報が入っていた。

 竹内は順調に高度を稼いで26日についに頂上に立った。C3を午前1時半に出発し、頂上にたどりついたのが午後5時半。16時間がかりのアタックだった。14座目の頂上は風が強く、視界が悪かったという。

 1995年のマカルー1峰登頂から足かけ18年、14座最後となるダウラギリ峰の無酸素登頂を果たし、感激もひとしおだろう。

 もっとも、18年かかったといっても、竹内の意識のなかでは、2001年の4座目のナンガパルパットから彼の本来の登山が始まっている。

 10人ばかりの国際公募隊に誘われて参加した。費用をシェアし、お互いをファーストネームで呼び合うフランクな関係に竹内は組織登山にはない喜びと自由を見いだす。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

【PR】

スペシャル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

3シーズンぶりに国内リーグに復帰し、スパイクを放つ東レ・木村(左)=共同

共同

国内復帰、女子バレー木村の「リオ」に懸ける思い

 2016年のリオデジャネイロ五輪(ブラジル)を目指し、海外クラブなどに移籍して活躍の場を求める選手が多い一方、海外から国内に戻ってきた選手もいる。バレーボール女子の日本代表主将を務める木村沙織だ。ト…続き (11/22)

錦織のストロークはトップ選手と互角以上に戦える武器=AP

AP

飛躍の今季、テニス錦織が得た自信と破格の待遇

 男子テニスの年間成績上位8人で争うATPツアー・ファイナル(ロンドン)にアジア勢で初めて出場し、ベスト4に残った錦織圭(日清食品)。世界ランキング5位へと飛躍した今季の活躍で並外れた選手であることを…続き (11/19)

ATPツアー・ファイナルでダビド・フェレールを破り、ガッツポーズで喜ぶ錦織圭。B組2位で準決勝進出へ(13日、ロンドン)=共同

まるで錦織ショー 圧巻の試合内容で準決勝進出 [有料会員限定]

 ビッグサーバーのラオニッチ対策でリターン練習に励んでいたのに、試合開始の約1時間半前にラオニッチ棄権のニュース。全くタイプの違う、ストローカーのフェレールが相手となった。
 「ちょっと驚いた。正直、タ…続き (11/14)

【PR】

新着記事一覧

ハイライト・スポーツ

【PR】

試合速報・結果

ワールドシリーズ(10/29)結果一覧

ロイヤルズ 2(終了)3 ジャイアンツ

 主な日本人選手の成績

更新 共同通信社提供

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について