@Silicon Valley

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米ピンタレストは「第2のツイッター」か、画像収集・共有の利用者1800万人

(1/3ページ)
2012/3/31 11:17
共有
保存
印刷
その他

 インターネットの画像収集・共有サービス「ピンタレスト」が利用者を急ピッチで増やしている。サイトの訪問者は2月に米国だけで1800万人近い水準に達し、オバマ米大統領も利用を始めた。「史上最速」ともいわれるスピードで勢力を拡大するこのサービスは「ツイッター」との共通点が驚くほど多い。ピンタレストは世界で1億4000万人以上が使うツイッターの再来となるのか――。

オバマ米大統領もピンタレストを利用し始めた
画像の拡大

オバマ米大統領もピンタレストを利用し始めた

 米カリフォルニア州パロアルト市。名門スタンフォード大学にほど近い一角はグーグルやフェイスブックが設立直後にオフィスを構えたことで知られるが、ピンタレストを運営するコールド・ブルー・ラボもここにある。

 住所を頼りに探し出したオフィスは平屋のガレージのような質素な構えで、社名が分かる看板などが一切ない。

 窓からブラインド越しに中をのぞき込むと、壁面に直接「Pinterest」と書き込んであるので、ここがようやく人気サービスの提供元と分かる。

ピンタレストを運営するコールド・ブルー・ラボのオフィスは質素な構えだ(米カリフォルニア州パロアルト市)
画像の拡大

ピンタレストを運営するコールド・ブルー・ラボのオフィスは質素な構えだ(米カリフォルニア州パロアルト市)

 その近くには「Hack(ハック)」という文字の入った額が掛かっており、フェイスブックなどと同様に「ネットを使って世の中を変える」という理念を持つ企業ということが伝わってくる。

■ベンチャーイベントで知名度向上

 オフィスは30人も入ればいっぱいになってしまいそうな規模だ。実際、同社の広報担当者によると現在の社員数は20人強。だが、周辺にいくらでもありそうな同ベンチャー企業は、この1カ月ほどの間、米メディアの話題をさらった。きっかけは3月上旬に米テキサス州オースティン市で開かれたイベント「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)」だった。

 米調査会社のコムスコアによると、米国におけるピンタレストのサイトの訪問者は今年1月に1170万人、2月には1780万人を突破した。

 2010年3月に開設したサイトは11年半ばごろからブログメディアなどに取り上げられ始めていたが、ベン・シルバーマン最高経営責任者(CEO)がSXSWで話したのを機に一気に知名度が高まった。

米国における主要インターネットサイトの月間訪問者数
企業名主力事業訪問者数(人)前月比増減率(%)
グーグルインターネット検索1億8659万▲0.4
ヤフーポータルサイト1億7353万▲2.1
フェイスブック交流サイト(SNS)1億5874万▲2.9
アマゾン電子商取引1億594万▲3.7
ツイッターミニブログ3843万0.1
リンクトインビジネス向けSNS3605万▲2.2
ピンタレスト画像収集・共有サイト1780万52.0
(出所)米コムスコア (注)2012年2月実績、▲は減少

 ここ数年、SXSWは「ネットベンチャーの登竜門」として参加者が増え、各社はここで知名度を高めることに血道を上げる。06年にサービスを始めたツイッターは、07年のSXSWで注目を集めて普及に弾みを付けた。ピンタレストも今年のSXSWが知名度上昇の契機になっており、これが「第2のツイッター」と目される理由のひとつだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

@Silicon Valley 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ワッツアップの「拠点」はアジア系の店舗が多く入居するショッピングセンターの中にあった(米カリフォルニア州サンタクララ市)

フェイスブックの巨額買収が紡ぐ“おとぎ話” [有料会員限定]

 最初は何かの間違いかと思った。交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックが2月19日に発表したチャット(対話)アプリの運営会社、米ワッツアップ…続き (2014/3/3)

社員と歓談するマイクロソフトの幹部。左からビル・ゲイツ氏、新CEOのサトヤ・ナデラ氏、スティーブ・バルマー氏(2月4日、米ワシントン州の本社)

マイクロソフトが未来を託す「インドの頭脳」 [有料会員限定]

 米IT(情報技術)業界でインド系幹部の存在感が高まっている。IBMなどとならびインド出身の技術者獲得で先行していたマイクロソフト(MS)では最高経営責任者(CEO)にサトヤ・ナデラ氏が昇格。同社はグ…続き (2014/2/21)

共同創業者のビル・ゲイツ氏(左)と並んでCEO就任の挨拶をするサトヤ・ナデラ氏

マイクロソフト新CEOへの期待と不安 [有料会員限定]

 米マイクロソフト(MS)の新体制が始動した。共同創業者のビル・ゲイツ氏(58)、ゲイツ氏の大学時代のクラスメートだったスティーブ・バルマー氏(57)の後を継ぐのは両氏より一回り年下のサトヤ・ナデラ氏…続き (2014/2/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月23日(水)

  • 「Microsoft Edge」でもっと快適にブラウジングするための10のヒント
  • 自動車セキュリティ専業ベンダー、IT知見もふまえ「現実解」を提供
  • 不老の秘密は「600人のエストニア人の血」で解き明かせるか―シリコンヴァレーのスタートアップの挑戦

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月23日付

2017年8月23日付

・富士フイルム、橋やトンネルのひび割れ、画像で自動診断
・JTがアトピー薬19年発売 たばこ一本足の脱却へ前進
・水ing、自治体向けに省エネし尿処理設備 CO2を2割削減
・ゲスタンプ、熱間プレス、加工速度2.5倍 来年から量産へ
・東急リバブル、リノベ物件の資材一括調達 施工業者の負担軽減…続き

[PR]

関連媒体サイト