ゲーム読解

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「日本のゲームは最低」 波紋を広げたゲーム開発者の発言
ゲームジャーナリスト 新 清士

(2/4ページ)
2012/3/28 7:00
共有
保存
印刷
その他

 質問をした日本人が誰なのかも大きな話題になった。ツイッターを通じて、後藤誠氏であることが明らかになると、フィッシュ氏は最終的には無礼であったことを後藤氏に謝罪した。後藤氏も自分の英語力の不足で、フォローしてくれた他の発言を聞き取れなかったことを述べていた。あるブログでは、フィッシュ氏の発言は、半分はジョークのようなニュアンスを持っていたことを後藤氏が理解できなかったのだろうとも指摘されている。

 フィッシュ氏はGDC終了後に「自らのツイッターアカウントを永遠に更新しない」と発言して、関連する多くの発言を削除、整理している。ただ、「あくまで発言は不用意だった」ことは認めたものの、「最近の日本のゲームはどうしようもないほどつまらない」という発言は残している。

■日本のゲームはノスタルジー

「FEZ」の公式サイト
画像の拡大

「FEZ」の公式サイト

 フィッシュ氏は「FEZ」というゲームの開発を、事実上2人で、5年あまり続けている。このゲームは「スーパーマリオ」が全盛期であったころのようなクラシックな絵柄に、3Dを加えてマップの展開を切り替えていくという新しいタイプのアクションゲームだ。

 映画に登場するゲームでは唯一「FEZ」だけが延期に次ぐ延期で、リリースされておらず、彼が夢の体現者側になれるかわからないまま銀幕のストーリーは終わる。このゲームが、誰もが子供時代に遊んだ、ファミコンやスーパーファミコン時代の懐かしいゲームから影響を受けていることは、フィッシュ氏も認めている。

 一方で、フィッシュ氏は挑発的な発言をすることでも知られている。イベントでの「事件後」の米誌Game Trailersのインタビューの中で、超大型タイトルの一人称戦争ゲームを「戦争のポルノゲーム」だと批判して「『コール・オブ・デューティ』(アクティビジョンブリザード)も嫌いだ」とも言っている。

 ただ、フィッシュ氏の発言がここまで大騒ぎになったのは、漠然と欧米の開発者が考えていたことを鋭く突いたからなのだろう。日本のゲームにはノスタルジーは感じていても、近年、大きなイノベーションを起こしていないのではないかと、特にインディーズ開発者は感じているように思えるのだ。

■ゲームは「3極化」が進んでいる

 今、欧米圏のゲームは、3種類のゲームしか系統が存在しなくなりつつある。

 トリプルA(AAA)タイトルといわれる、開発費が数十億円かかるような、まだパッケージが強い「超大型ゲーム」か、長期間遊んでもらうコミュニティ性を重視した「ソーシャルゲーム」か、フィッシュ氏が開発しているような「インディーズゲーム」だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

ゲーム読解 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ミューズ」に連動して動作しているアプリについて説明する創業者のトレバー・コールマン氏。赤いバーがα波、青いバーがβ波

クラウド・脳波利用…VBで育つ次世代技術
カナダのゲーム産業(下)
[有料会員限定]

 トロントのあるオンタリオ州とバンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州は、前回の連載で紹介したケベック州ほどゲーム会社に対する強力な優遇税制を持っていない。注目されるのはこの2州に関わる投資公社だ…続き (2013/3/22)

アイドスモントリオールの様子

優遇税制・関連企業…地の利生かし集積続く
カナダのゲーム産業(上)
[有料会員限定]

 国を挙げてゲーム産業や関連するIT産業の育成に取り組み、世界中で最も成功しているのはカナダだろう。カナダ全土で348のゲーム開発会社が存在し、1万6000人以上の雇用が生みだされている。米国、日本に…続き (2013/3/20)

「パズル&ドラゴンズ」公式ページ

ガンホー「パズドラ」、大ヒットさせた絶妙な仕掛け [有料会員限定]

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントの勢いが止まらない。スマートフォン(スマホ)向けソーシャルパズルゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の大ヒットが同社に驚くほどの収益をもたらしているためだ…続き (2013/3/8)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月24日(木)

  • スーパーカーとロボットの技術に、ホンダが目指す「自律走行の未来」を見た
  • FacebookのWatchは、放送事業者の利益を奪うのか?:「動画予算は流動的だ」
  • 大規模データ解析サービス実現のために、Google Cloud Platformが果たす役割

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月24日付

2017年8月24日付

・アルミ合金、耐食性・強度の向上両立 芝浦工大、水蒸気で膜形成
・関電、ダムにたまる竹 パレット原料に
・日本紙パルプ商事、インドで古紙回収・販売
・JX金属、伸銅品を値上げ、IoTで需要増
・創薬VBのアンビシオン、がんの免疫治療 来年から治験へ…続き

[PR]

関連媒体サイト