帰ってきたサケ 岩手・大船渡で遡上観察会

2011/10/23 19:44
共有
印刷
その他

 震災による津波で三陸の海や河川は甚大な被害を受けた。自然環境の悪化が懸念されたが、震災から7カ月が過ぎた被災地にサケが遡上してきた。「サケが戻ってこられる環境をもう一度」と海中や川のがれき撤去などの活動を行ってきたNPO法人「三陸ボランティアダイバーズ」は、被災地の現状を知ってもらうため岩手県大船渡市の綾里(りょうり)川でサケ遡上の観察会を行った。

川底を観察する参加者(10月22日、岩手県大船渡市の綾里川)

川底を観察する参加者(10月22日、岩手県大船渡市の綾里川)

5月2日、がれきが積み上がった綾里川河口に位置する綾里漁港(写真右)と10月22日、がれきが撤去された同漁港

5月2日、がれきが積み上がった綾里川河口に位置する綾里漁港(写真右)と10月22日、がれきが撤去された同漁港

ボランティアのダイバーと地元漁師が協力し、がれきの撤去が進められた(5月2日)

ボランティアのダイバーと地元漁師が協力し、がれきの撤去が進められた(5月2日)

「サケが戻ってこられるか心配だ」と散乱するがれきに地元漁師から不安の声が上がっていた(5月2日、写真右)。懸命な撤去活動できれいな川に戻りつつある(10月22日)

「サケが戻ってこられるか心配だ」と散乱するがれきに地元漁師から不安の声が上がっていた(5月2日、写真右)。懸命な撤去活動できれいな川に戻りつつある(10月22日)

川へ入る前にボランティアから被災時の状況などを聞く参加者。地元漁協の了解を得て行われた観察会には、雨天にも関わらず東京や愛知などから11人が集まった(10月22日)

川へ入る前にボランティアから被災時の状況などを聞く参加者。地元漁協の了解を得て行われた観察会には、雨天にも関わらず東京や愛知などから11人が集まった(10月22日)

東京から夫婦で参加した田中宏樹さん、絵里さん。初めて被災地に足を運んだという。「川を上がってくるサケを目の当たりにして、川がきれいになり、復興に向かっていることを実感した」と絵里さん。「震災が風化しないように、今日の体験を通じて周囲の人たちに被災地の現状について話していきたい」と宏樹さんは震災への思いを新たにした(10月22日)

東京から夫婦で参加した田中宏樹さん、絵里さん。初めて被災地に足を運んだという。「川を上がってくるサケを目の当たりにして、川がきれいになり、復興に向かっていることを実感した」と絵里さん。「震災が風化しないように、今日の体験を通じて周囲の人たちに被災地の現状について話していきたい」と宏樹さんは震災への思いを新たにした(10月22日)

川底にはいつくばって、サケをじっと観察する。参加者の一人で6月にがれき撤去のボランティアを経験した大村健さんは「がれきの山が減っていたことに驚いた。復興に向け着実に歩んでいると感じる」と話す(10月22日)

川底にはいつくばって、サケをじっと観察する。参加者の一人で6月にがれき撤去のボランティアを経験した大村健さんは「がれきの山が減っていたことに驚いた。復興に向け着実に歩んでいると感じる」と話す(10月22日)

雨が強くなり、流れが激しくなった川を力強く上っていくサケに、復興への長い道のりに果敢に立ち向かっていく被災地の人たちの姿が重なって見えた(10月22日)=写真 小川望

雨が強くなり、流れが激しくなった川を力強く上っていくサケに、復興への長い道のりに果敢に立ち向かっていく被災地の人たちの姿が重なって見えた(10月22日)=写真 小川望

共有
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:01
東北 12:10
1:16
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 21:34
21:23
北陸 22日 7:00
22日 7:00
関西 22日 7:01
22日 7:01
中国 22日 7:00
22日 7:00
四国 22日 7:01
22日 7:00
九州
沖縄
6:00
23日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報