震災支援、3.11以降に生まれた3つのプロジェクト
「個人」奮い立たすソーシャルの輪

(1/5ページ)
2011/3/30 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「いつか自分の子供や孫に話そう。『おばあちゃんが若かった時、東日本大震災があって世界中が1つになった。皆が一つのために必死になって支えあって輝いていたんだよ』って」

「prayforjapan.jp」にはツイッターで発せられた「心に残るつぶやき」がまとめられている
画像の拡大

「prayforjapan.jp」にはツイッターで発せられた「心に残るつぶやき」がまとめられている

 戦後最悪の災害をもたらした3月11日の東日本大震災。その翌朝、まだ震災の全ぼうが見えないなかで立ち上がった「prayforjapan.jp」は、震災後、もっとも有名なサイトの1つとなった。ミニブログのツイッターで国内外から発せられた希望や励ましのつぶやきがまとめられている。

 このサイトを作ったのは、大学2年生の鶴田浩之氏。「3.11」以降、ツイッターやミクシィ、ブログといったソーシャルメディアを舞台に、市民の一人ひとりが何かできないかと知恵を絞り、行動を起こしている。

「これは日本の財産になる」

 その日、鶴田氏は自動車免許の合宿で栃木県の那須塩原高原にいた。教官が空き時間にメンバーをドライブに連れて行ってくれ、ちょうど牧場の駐車場に着いた瞬間のことだった。

 当地に震度6弱の揺れが襲い、乗っていたクルマは何度もバウンドした。信号はすべて止まり、ひび割れた道路を通って何とか宿泊先へと戻った。停電と断水で不気味な静けさに包まれた合宿所。高校生を含む生徒の多くが、不安げな面持ちで薄暗いロビーに集った。

 鶴田氏はノートパソコンを部屋から持ってくると、かろうじてつながったイーモバイルの電波を通じ、NHKが特例で決めたインターネット配信のテレビ映像を流した。津波にのみ込まれる無数のクルマ、横転した船舶、燃えさかるタンク……。言葉を失い、毛布にくるまりながら浅い眠りについた。

 早朝、ツイッターを見ると、惨状はより確かなものとなって世界を巡っていた。同時に世界中の人たちがツイッターに「#prayforjapan(日本への祈り)」というキーワード(ハッシュタグ)を付け、悼み、励ます言葉をつぶやいていた。その数は1分間に100件以上。日本各地からも希望の火をともすような温かなつぶやきが続々と寄せられていた。

 逡巡している間もなかった。「これは日本の財産になる。絶対に誰かがまとめて、まだ知らない人たちにも届けないと」。気づいたら、毛布にくるまりながら、祈りと希望のつぶやきを一覧で見られるサイトを作っていた。

20人以上が10言語への翻訳に協力

 高校時代から企業などのサイトを作る仕事をこなしていた鶴田氏。作業開始から、とりあえずの公開にこぎ着けるまで、2時間もあれば十分だった。夕方には日本人が励まし合う「心に残るツイート」をまとめたページも完成する。「半年、1年と、被災者の心の支えとなるような存在になれたらいいな」。そんな思いで、ツイートの1つひとつを拾った。

慶応義塾大学2年生の鶴田浩之氏。カフェなど、あらゆる場所で作業をこなしている

慶応義塾大学2年生の鶴田浩之氏。カフェなど、あらゆる場所で作業をこなしている

 12日夜にはツイッターで話題となりアクセスが急増、1秒に1回の勢いで反響が寄せられた。「感動しました」「涙が出て止まりません」「日本人であることを誇りに思います」……。この時を、鶴田氏は「鳥肌が出た。震えが止まらなかった。驚きすぎて、更新作業ができないくらいだった」と振り返る。

 自前で借りていたサーバーがパンクしそうになったが、契約先の会社が好意で対応してくれ、「こちらの方で分散処理をしておきました」とのメールをくれた。一方、「翻訳作業に協力させてくれませんか」と連絡してくる人が現れた。鶴田氏が通う慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの先輩が翻訳プロジェクトをとりまとめてくれ、13日には翻訳作業が始まった。

 復興に向け支え合う日本の今を伝えるつぶやきは、20人以上のボランティアによって英語、スペイン語、韓国語、中国語など10言語に翻訳され、世界を巡った。「韓国中を泣かせた」と報じた韓国のメディアもある。サイトへのアクセスは1週間で500万件以上。関連するツイッターでのつぶやきは25万件を超えた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連記事

【PR】

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月24日(月)

  • 「Pokémon GO Fest」レポート、現地参加者に"伝説のポケモン"ルギアがプレゼント
  • いまさら聞けないセキュリティの基礎を解説、「初めてでも分かる!」シリーズ、トレンドマイクロが無償公開 
  • MS、新サーモスタット「GLAS」の動画公開―「Windows 10 IoT Core」「Corana」利用

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月25日付

2017年7月25日付

・アズジェントや野村総研系、つながる車に模擬サイバー攻撃
・森林パートナーズ、山林から建材 一貫管理 流通の無駄省く
・ユニチカ 20年メド CNF複合材の専用設備 車・電子部品向け狙う
・横浜で車向けCFRP開発 試作から品質試験まで 独化学大手のヘンケル
・健康食宅配、紹介拠点開拓へ専門部隊 ファンデリー…続き

[PR]

関連媒体サイト