ピッチの風

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

W杯から見えたもの 日本サッカーが目指す道
編集委員 武智幸徳

(2/4ページ)
2010/8/1 7:00
共有
保存
印刷
その他

パス成功率はワースト

 日本はどうか。4試合を戦って890本のパスを交換、1試合平均222.5本という成功本数はニュージーランドの221本をわずかにかわして参加32チーム中最少という“不名誉?”は免れたものの、60%の成功率はニュージーランドの61%より低く、参加チーム中ワースト記録だった。

パスの名手の遠藤らがいたが…(6月24日のデンマーク戦)=写真 今井拓也

パスの名手の遠藤らがいたが…(6月24日のデンマーク戦)=写真 今井拓也

 ベスト16の中で1試合平均のパス成功本数が200本台で、成功率も60%台だったのはウルグアイ(270本、62%)と米国(293.7本、67%)と日本だけ。特に日本はパスの射程が長くなるほど精度は落ち、ロングパスは319本けってつながったのは115本、成功率は36%でスペインの63%と比べると相当見劣りがする。

走ってはいるが…

 これだけミスが多いと、日本の武器である「走り」の中身にも影響は出る。全選手の走行距離を合算した数字をスペインと比べると、日本の1試合平均の走行距離は116.13キロでスペインの109.62キロを上回っている。しかし「ボールをポゼッションして走る距離=攻撃」と「ボールがない状態で走る距離=守備」に区分けすると、前者の1試合平均が日本は34.83キロであるのに対しスペインは48.97キロ。後者が日本は50.78キロであるのに対し、スペインは36.91キロだ。

 つまり、その両項目を足したボール絡みのプレーで日本もスペインも等しく85キロほどの距離を走っているものの、プレーの選択に狂いが少ないスペインはチームとしてボールを保持して(簡単にいえば主導権を握って)走る距離の方が長く、技術上のミスや判断ミスが多い日本は相手にボールを渡す機会が多く、それゆえに相手の動きに対応して「走らされる」距離の方が長いことを意味している。どちらのサッカーの消耗が激しいかは推して知るべしだろう。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

長谷部は精神的支柱として余人をもって代え難い存在=ゲッティ共同ゲッティ共同

 2018年にロシアで開かれるサッカー・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選は3月23日に再開、B組の日本はアラブ首長国連邦(UAE)とアウェーで対戦する。勝ち点1差の間に4チームがひしめく大混戦を …続き (3/15)

三浦(右)が放ったシュートは1本だけだったが、ピッチから引き揚げる際は万雷の拍手を浴びた=共同共同

 横浜FCの三浦知良(カズ)が2月26日の松本山雅との明治安田生命J2リーグ開幕戦に先発出場を果たした。くしくもその日はカズの50歳の誕生日。出場するたびにJリーグの最年長出場記録を塗り替える「キング …続き (3/1)

天皇杯で競り合う大久保(右)。FC東京は今季川崎からこの元得点王を獲得、戦力を強化した=共同共同

 2017年の明治安田生命J1リーグは25日に開幕する。18日には新シーズンの到来を告げる「富士ゼロックス・スーパーカップ」が日産スタジアムで、昨季リーグ王者の鹿島とリーグ2位浦和(鹿島が天皇杯も制し …続き (2/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]