モバイルの達人

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

国内6メーカー担当者が実物を見て語った「iPhoneの衝撃と本音」
ジャーナリスト 石川 温

(1/2ページ)
2007/7/19 7:00
印刷
その他

 iPhoneをハワイで購入してから3週間。現地では契約できずに「7万円の電子文鎮」という高価な土産物になってしまったが、その後、四苦八苦して何とかAT&Tと正式に契約することができた。2週間ほど電話以外の機能をあれこれ試しているが、やはりタッチパッドを使った操作性は、とても快適だ。

iPhoneのパッケージ
画像の拡大

iPhoneのパッケージ

 普段、日本メーカーの端末に慣れ親しんでいるせいか、iPhoneの操作性はかなり斬新に感じる。果たして、携帯電話端末を開発している国内メーカーの人たちは、iPhoneの登場にどんな感想を持っているのか。また、iPhoneの独特の操作性を、どのように評価するのだろうか。

 そこで、この2週間に国内6メーカーの端末開発者に契約したばかりのiPhoneを触ってもらい感想を聞いた。メーカー担当者の本音を集めることで、iPhoneの本当の実力が見えてきた。

初めてでも違和感を抱かせない全く新しい操作性

 まず本体を見る前に、国内メーカー関係者が驚くのが、iPhoneのパッケージだ。高級時計や貴金属を思わせる高級感のある箱を前にして、A社プロモーション担当は「アップルらしい」とため息をついた。国内ではほとんどのキャリアが、コーポレートカラーを彩った共通デザインの段ボール箱を採用しているだけに、メーカーとしては、箱に対してすらうらやましいと感じるようだ(イー・モバイルだけはデザイン性の高い箱を採用)。

 iPhoneは、3.5インチの大型液晶を搭載し、タッチパッドで直感的に操作できるのが特徴だ。画面のスクロールや反応も俊敏で、パソコンと比べても比較にならないほど、サクサクと操作することができる。写真のサムネイルを何百枚も表示させても、思いのままストレスを感じることなく操作できる。

 「この操作性は素直に感激する」と語るのは、B社マーケティング担当。「サムスン電子製のARMチップが使われているようだが、ここまで快適に動くとは正直、脱帽する。ユーザーが惹かれるのは理解できる」(C社端末戦略担当)と、iPhoneの俊敏性にはメーカー関係者の誰もが舌を巻いていた。

通常の操作で使うボタンは1つ
画像の拡大

通常の操作で使うボタンは1つ

 iPhoneには、通常の操作で使うボタンは1つしかない。メールを使っている際、他の機能に移りたいと思ったら、本体下部のボタンを押してホーム画面に戻り、使いたい機能に移動するという操作体系となっている。あとは、直感的にタッチパッドを触って操作していく。

 日本のケータイは、テンキーを使い文字を入力する。操作をするにはサブメニューを呼び出して、使いたい機能をリストから選んでいくという流れになる。

 国内メーカーには、テンキーのほうが使い勝手が良さそうだという固定観念がある。しかもユーザーの多くは、機種変更をして、ちょっとでもクリアや濁点ボタンの位置が違うだけで、「前の機種のほうが使いやすかった」と感じてしまう。メーカーもユーザーも、テンキーの操作性に慣れきってしまっているのだ。

 そのため、2番手以下のメーカーは、トップシェアメーカーが採用するテンキーの操作性に近づけて、ユーザーを奪いとろうと努力する。結果、どのメーカーも似たような操作性になってしまう。

 しかし、iPhoneの場合、タッチパネルによる全く違った操作体系を取り入れた。そのため、多くの人が違和感を抱くことなく使うことができる。A社プロモーション担当は、iPhoneを操作していくうちに「我々はテンキーという固定概念に縛られているのかも知れない」と落胆した。

 「そもそも、ボタンをほとんど搭載しないという開発思想が吹っ切れている。だからこそ、実現できた操作性だと思う。常識から考えると、ボタンを搭載した方が、操作をしていくうえで断然に速い。しかし、タッチパネルにして、さらに操作に『エンターテインメント性』を入れている。ここがアップルのうまいところ」(D社端末企画担当)だという。

指をを開くと拡大表示。直感的に操作できる
画像の拡大

指をを開くと拡大表示。直感的に操作できる

 C社端末戦略担当は、「実際使い込んでいくと、ズームインなどの描画速度は遅かったりする。これは、国内メーカーの立場からすると、とても許せる範囲ではない。しかし、iPhoneのタッチパネルによるUI(ユーザー・インターフェース)にはエンターテインメント性があるため、描画速度が遅くてもユーザーに遅いと感じさせないようだますことができる。こんな演出を先にやられると、国内メーカーは真似はできなくなってしまう」と語る。

 メーカー関係者が語るエンターテインメント性とは、地図や画像の表示時に、人差し指と親指をくっつけ、画面上に置き、指を開くと、それに併せて画像も拡大表示されることを指している。また、写真のサムネイル表示も、写真を水槽に浮かべて、水面を滑らしたときのような、自然界の動きに近い描画をする。

 iPhoneはUIに、このようなエンターテインメント性を入れ込んだことで、ユーザーに「快適」という感覚を植え付けている。これは、iMacなどに搭載されている基本ソフト「Mac OS X」にも共通している姿勢なのだろう。

次ページ>>「細かいところまで見ると甘い」が、学ぶべき点の多い「割り切りの良さ」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

モバイルの達人 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

春商戦に向けた月額2980円の学生向け新プランを発表するKDDIの田中孝司社長

スマホの春「月2980円」の攻防 新入生を青田買い [有料会員限定]

 1年でスマートフォン(スマホ)が最も売れる春商戦がいよいよ始まった。今年は、大手携帯電話会社(キャリア)各社とも例年以上に学生をターゲットにしたキャンペーンで「顧客の青田買い」を目指している。だが、…続き (1/19)

サムスンのクロームブックもディスプレーを反対向きに折り返してタブレットのように使える

「もう安っぽくない」クロームブックに二の矢 [有料会員限定]

 安価に購入できるノートパソコンとして定評のあった「クロームブック」のジャンルに、5日から開催された米家電見本市「CES」で韓国のサムスン電子と台湾の華碩電脳(エイスース)が相次いで新製品を投入してき…続き (1/12)

ソニーのブースでは、グーグルホームに話しかけることでテレビをつけたり音楽を再生したりするデモを披露した

「アマゾンvsグーグル」音声操作AIで火花 [有料会員限定]

 先週に米ラスベガスで開催された家電見本市「CES」で陰の主役としての存在感を示していたのが米アマゾン・ドット・コムと米グーグルだ。いずれもブース出展や講演といった直接的なアピールこそなかったが、それ…続き (1/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月20日付

2017年1月20日付

・ソフトバンク系 ドローン動画、検査を素早く
・遺伝子操作で抗体改造 東大が新手法
・自販機+アプリで健康作り サントリー食品
・IBUKI センサー付き金型を開発
・ミスド 300店でアイス販売…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト