モバイルの達人

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アップル「iPad」にNTTドコモがラブコールを贈る理由
ジャーナリスト 石川 温

(1/2ページ)
2010/2/1 7:00
共有
印刷
その他

 アップルは1月27日、タッチパネル式の新型情報端末「iPad」を発表した。第3世代(3G)携帯のデータ通信に対応した機種は複数の携帯電話会社の回線を使える「SIMフリー端末」となる。これが明らかになって真っ先に反応したのはNTTドコモだった。

 アップルがパソコン、携帯電話機に続く「第3のカテゴリー」の製品として発表したのがiPadだ。9.7インチのディスプレーを採用し、「iPhone」と同様にタッチパネルで操作する。OSはパソコンで採用している「OS X」ではなく、iPhoneと同じ「iPhone OS」(バージョン3.2)を搭載する。

 米国ではアマゾン・ドット・コムの電子書籍端末「キンドル」が人気だが、iPadは電子書籍端末だけでなく、インターネットやゲーム、動画再生など幅広い用途を想定したようだ。実際、アップルが開発した駆動周波数1GHzの高性能CPU「A4」を搭載し、文書作成や表計算、プレゼンテーション用のオフィスソフト「iWork」もiPad向けに用意するなど、パソコンに近い使い勝手を実現している。

用途に応じた画面サイズ

 iPadを見ると、やはり人間は用途に応じて「適したサイズ」というものがあり、これからも様々なデバイスの使い分けが続くと実感した。

 iPhoneがデバイスとしてどんなに優れていても、読書をするのに不向きなことは間違いない。日本でも産経新聞が朝刊をまるごと読めるiPhone向けアプリを配信し、電通は雑誌を閲覧できる「マガストア」アプリを提供している。こうした話題性があるアプリが出るたびに、ダウンロードして試してみるものの、やはり継続して使う気にはなかなかならない。

 単純な話、どうしても画面が小さくて「読みづらい」のだ。アマゾンもiPhone向けにキンドルアプリを提供しているが、読みづらいのには変わりない。画面サイズがiPhoneの3.5インチから一気に9.7インチになることで、今度はこれらのアプリも継続して使う気になれそうだ。

日本では「iBook Store」に未対応

 ただ、iPadで残念なのは、アップルの新しい電子書籍配信サービス「iBook Store」が米国限定である点だ。日本のアップルのサイトをチェックしても、iBook Storeに関する記述はない。音楽配信で実績のあるアップルが米国の大手出版社と提携し、電子書籍にも乗り出すだけに期待は大きいが、日本では対応していないと聞いてガッカリとしたユーザーも多いことだろう。

 しかし、iPadにはiPhoneと同じくアプリをダウンロードする仕組みが備わっている。前述のマガストアと同様に、電子書籍会社がアプリを経由して電子書籍を配布すればいいことだ。

 アップルによるコンテンツ配信はどうしても米国が優先され、日本では開始が遅れがちな実態がある(米国の「iTunes」では映画やテレビ番組も購入できるが、日本では動画コンテンツはあまり充実していない)。書籍に関しては、「AppStore」というプラットフォームを使い、アプリで閲覧するかたちにすれば、いち早く電子書籍ビジネスに着手することができる。

 英語版キンドルは日本でも通信販売で購入でき、日本語に正式対応したバージョンもまもなく登場すると言われるなど、米国発の電子書籍の波が一気に押し寄せようとしている。しかし、日本ではようやく出版社が結束して実証実験を始めたばかり。商用サービスは来年度を想定するなど対応の遅さが目につく。

 NTTドコモの山田隆持社長は「新たな波にどう対応するか検討中。結論としてドコモが(対応端末を)つくるということになってはいないが、鋭意検討する」と語る。携帯電話会社はこれまで携帯電話向けに電子コミックなどの配信を手がけ、課金プラットフォームも持つ。専用端末をつくる体力も十分に持っているが、電子書籍については市場の存在にようやく気が付いたという段階に過ぎない。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

モバイルの達人 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

音声AIで独走アマゾンを猛追するグーグル(シリコンバレーの本社)=AP

AP

「独走アマゾンにこう勝つ」グーグルの音声AI戦略 [有料会員限定]

 「スマートフォン(スマホ)の次」として本命視されているのが、音声認識と人工知能(AI)を搭載したスピーカーだ。米国ではアマゾン・ドット・コムが昨年に発売した「エコー」がすでに数百万台を売る大ヒット商…続き (3/24)

離島の生鮮品おまかせ 沖縄のIoT野菜工場 [有料会員限定]

 これまで市場を引っ張ってきたスマートフォン(スマホ)の成長が鈍化する中で、各携帯電話キャリアは豊富な資金力を武器にした新規事業の開拓に熱心に取り組んでいる。沖縄の携帯電話キャリアである沖縄セルラー電…続き (3/19)

便座部分に設置したセンサーで利用時間を測定し流れる水の量を調整する

水道料金8割削減 KDDI、5GよりまずIoT [有料会員限定]

 スペイン・バルセロナで先月末から今月初めに開催された世界最大の携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で話題の中心となっていたのは次世代高速通信の「5G」だ。機器メーカーを中心に多…続き (3/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月28日付

2017年3月28日付

・京セラ 半導体製造装置用セラミック部品 米で5割増産
・白発光の防虫用LED ペンタクト 工場・倉庫作業しやすく
・富士フイルムHD 環境情報の報告システム刷新
・英プライメタルズ 製鉄プラントの保守サービスを強化
・ディノス・セシール 婦人服通販、店舗で試着OK…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト