日本経済新聞

10月31日(金曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

アップル特需に踊らず 新型スマホ向けで関連業界

2014/6/18 1:03
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 米アップルが今秋にも発売するとされる新型スマートフォン(スマホ)向けに、国内関連業界の受注が活況を呈してきた。中国向けの工作機械受注が最高水準となったほか、部品メーカーも量産を始めた。「アップル経済圏」が再び膨らむ兆しだが、関連業界に浮かれた様子はない。販売が期待を下回った最近の新モデルの反省を踏まえ、中国の格安スマホ需要を開拓するなどリスク分散に躍起になっている。

 「今月も絶好調だ」。日本工作機械工業会が17日に発表した5月の工作機械受注額の確報値を見て、工作機械メーカー幹部は言葉を漏らした。受注額は約1205億円と前年同月比24%増。特に中国向けが184億円と同7.5倍に急増した。日本の受注額全体の15%を押し上げている正体は「アップル特需」だ。

 アップルが秋にも発売する新型スマホを生産するため、中国の電子機器受託製造サービス(EMS)大手が一斉に設備導入に動いているのだ。

画像の拡大

 今春以降、海外受注が前年同月比6割以上増えたツガミ。中国・浙江省の工場ではスマホ内部に組み込む小型部品を精密加工する自動旋盤の出荷がピークを迎えた。ファナックやブラザー工業も増産しているもようだ。

 工作機械だけではない。電子部品大手の太陽誘電は電流の流れを整える積層セラミックコンデンサーの先端品をアップルの新型機向けに供給する。縦0.6ミリメートル、横0.3ミリメートルの小型サイズで、順次月数億個の生産規模まで増やす予定。村田製作所もセラミックコンデンサーを量産。ミツミ電機はスマホカメラ向けに光学式手ぶれ補正用の高性能部品を増産する。

 アップルの時価総額は伸びが鈍ったとはいえ、約5560億ドル(約56兆7千億円)に達する。素材や部品、機械メーカーから配送業者に至るまで世界150社を超す取引先に発注。関連産業の雇用創出効果は端末を組み立てる中国も含めると世界100万人を超すとされる。そんな「アップル経済圏」は大きいが故に変動リスクも大きい。

画像の拡大

 しかも最近の販売は期待を下回る例が多い。iPhoneとタブレット「iPad」の出荷は2012年初めまで前年比倍増していたが、「4S」以降は鈍化。「5S」などは盛り上がらず、13年の世界スマホ出荷台数もシェアを落とした。

 関係者によると、アップルのiPhone新モデルは薄型で5.5型の大画面タイプも用意。健康管理もできる腕時計型端末などの発売も見込まれている。今秋に刷新する基本ソフト「iOS8」を使えば、住宅の設備機器の遠隔操作や腕時計型端末との連動が可能とされるが、どの程度売れるかは未知数だ。

 関連業界は一様にリスク分散に動く。ツガミの西嶋尚生最高経営責任者(CEO)は「この特需は数カ月で止まる」とみる。急激な生産増減は採算悪化を招くとみて半年以上前から在庫を積み増してきた。特需に浮かれず、欧米の販売網を拡大するなど他市場の受注開拓の手もゆるめない。

 電子部品業界も同様だ。ある大手幹部は「脱アップル依存にカジを切っている。市場にアップル銘柄と認識されると、株価が落ちかねない」と話す。狙いは華為技術(ファーウェイ)や北京小米科技(シャオミ)など中国スマホメーカーだ。

 「顧客を増やしボラタリティー(変動幅)を下げる」。新型iPhoneに液晶パネルを供給するシャープの高橋興三社長も話す。最近は中国で10社以上の中堅スマホメーカーと交渉中だ。

 14年の中国スマホ市場は13年比3割増の4億5千万台となる見通しで、世界の約4割を中国製が占める。中国メーカー向けの競争も激しいが、「需要安定へ新規顧客を開拓する動きは正しい」。ゴールドマン・サックス証券投資調査部の高山大樹マネージング・ディレクターは指摘する。

 海外では米アマゾン・ドット・コムが18日、新型スマホを発表する予定だ。なお強い存在感を示すアップルだが、創業者のジョブズ氏亡き後、神通力に陰りが見られて久しい。踊り場の「アップル経済圏」を再び拡大できるかは今後打ち出す製品戦略にかかっている。

(蓬田宏樹、北西厚一、岩戸寿、シリコンバレー=兼松雄一郎)

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

アップル、iPhone、スマホ、iPad、新型スマホ向け、西嶋尚生、CEO、シャープ、高橋興三、ツガミ、ミツミ電機、ファナック、アマゾン・ドット・コム、太陽誘電、ブラザー工業、華為技術、ゴールドマン・サックス証券、村田製作所

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円) 15,658.20 +104.29 30日 大引
NYダウ(ドル) 17,126.22 +151.91 30日 12:24
ドル/円 108.87 - .90 -0.30円高 31日 1:19
ユーロ/円 137.48 - .50 +0.04円安 31日 1:19
長期金利(%) 0.470 +0.010 30日 14:44

人気連載ランキング

10/31 更新

1位
やさしい こころと経済学
2位
おとなの数学
3位
法廷ものがたり

保存記事ランキング

10/31 更新

1位
ネット通販 コンビニで即日受け取り [有料会員限定]
2位
今年のNISA 使い切る [有料会員限定]
3位
信託使って相続財産管理 [有料会員限定]
日経Gooday(グッデイ)カラダにいいこと、毎日プラス

学園投資マンガ インベスターZ 日経電子版で掲載開始
日経ウーマノミクスプロジェクト 女性が輝く社会へ 無料会員急増中
GlobalEnglish 日経版

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について