成田にカプセルホテル 空港会社、LCC客らに照準

2014/4/24付
保存
印刷
その他

 成田国際空港会社(NAA)は7月20日、1泊3900円(税別)から宿泊できるカプセルホテル「ナインアワーズ 成田空港」を開設する。129人が利用でき、休憩やシャワーのみの利用も可能。早朝の出発が多い格安航空会社(LCC)の利用者や、国際線の乗り継ぎ客の活用を促す。

 第2旅客ターミナルビルにつながる第2駐車場ビルの地下1階に立地し、カプセルホテルを展開するナインアワーズ(東京・港)が運営する。

 一つのカプセルの面積は2.2平方メートル。男性用は71、女性用は58あり、別にシャワールームを16備える。宿泊料金は繁閑に合わせて変動する可能性があるという。休憩は最初の1時間が1500円(税別)で、シャワーのみの利用は1時間以内で1千円(同)。

 LCC便は早朝に成田空港を出発するケースが多く、利用者は前日から周辺のホテルに泊まったり、空港内のベンチで一夜を明かしたりする。また、国際線の乗り継ぎ客が待ち時間を過ごす場所をどう確保するかも課題だった。

 1日約150人が前夜から空港にとどまっているほか、乗り継ぎ客は同1万5千人いることから、需要は十分にあると判断した。

 羽田空港内にも、航空機のファーストクラスをイメージした客室を備えたカプセルホテルがある。

保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワード

LCCカプセルホテルNAA成田国際空港アワーズ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報