Eの新話(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

バラ色の水素社会に落とし穴 製造時のCO2増やすな
日経エコロジー編集部 馬場未希

(1/2ページ)
2014/1/25 7:00
共有
保存
印刷
その他

 国の中長期にわたるエネルギー利用の指針となる「エネルギー基本計画」。東日本大震災後では初めてとなる改訂版が2月以降、閣議決定する見通しだ。

 改訂案に対する人々の関心は、主に原子力発電の利用に関する記述に向けられている。その陰で「水素」が将来、中心的な役割を担うと指摘されたことはほとんど注目されていない。

■サプライチェーン構築が不可欠

ジャパンブルーエナジーの木質バイオマスを使う水素製造実証プラント
画像の拡大

ジャパンブルーエナジーの木質バイオマスを使う水素製造実証プラント

 政府は基本計画の改訂案において、2020年に開催予定の東京五輪を「世界が新たなエネルギー源である水素の可能性を確信するための機会」と位置づけた。そのうえで「必要な取り組みを今から計画的に着実に進めていくべき」と指摘している。大会運営時には水素を燃料に使う「燃料電池自動車」が活躍するとされる。

 実際、自動車メーカーは15年から燃料電池自動車の市販を始める計画である。販売台数を徐々に増やし、20年を本格的な普及元年にしたい考えだ。水素の製造、供給などを担う石油元売り会社やガス会社の計画によると、15年にも国内100カ所で水素ステーションの運営を始め、20年には1000カ所に増やすという。

 自動車に加え家庭用燃料電池やガス発電の燃料にも水素を使う「水素社会」の実現には、製造から貯蔵、輸送、販売、利用までのサプライチェーン構築が欠かせない。政府は今年度中にも、サプライチェーン全体を俯瞰した技術開発や体制整備などのロードマップをまとめる。

 水素は発電や自動車走行などの利用時に二酸化炭素(CO2)や大気汚染物質を排出しない。この環境性が注目され、燃料電池自動車は「究極のエコカー」とも呼ばれる。

 しかし、水素は天然ガスや石油など化石燃料を改質して製造するのが一般的だ。資源国で化石燃料を採掘する時に加え、製造する時にもCO2が排出される。化石燃料のまま従来通り利用する場合と比べて、ライフサイクル全体でCO2排出増につながっていないか。気候変動の国際交渉で議論されているように50年に世界で50%もの温暖化ガスを削減する場合は、製造時も含めてCO2排出量を抑える必要がある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Eの新話(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

夏の軽装運動「クールビズ」も温暖化対策に寄与したが……

日本の温暖化対策、「省エネ」一本やりの限界

 先週は地球温暖化問題を巡る重要な発表が内外で相次いだ。国際エネルギー機関(IEA)は17日、2016年の世界の二酸化炭素(CO2)排出量が32.1ギガ(ギガは10億)トンにとどまったとする推計を公表…続き (3/27)

東芝

東芝問題、ESG投資にも波紋 格付け上位の常連

 東芝の混迷が続いている。14日に予定していた2016年4~12月期の連結決算発表を2月に続いて再び延期すると発表した。巨額損失を招いた米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)の株式の過半を売却するこ…続き (3/20)

中部電力上越火力発電所に1月に到着した米国産LNGの輸送船

米シェール輸入開始 LNG価格抑える取引力急務

 米国から、シェールガスでつくった液化天然ガス(LNG)の輸入が始まった。調達先の分散や取引条件の柔軟化など、LNG取引を変える起爆剤として期待を集めるが、悩ましい問題もある。いざ輸入を始めてみると価…続き (3/13)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月28日付

2017年3月28日付

・京セラ 半導体製造装置用セラミック部品 米で5割増産
・白発光の防虫用LED ペンタクト 工場・倉庫作業しやすく
・富士フイルムHD 環境情報の報告システム刷新
・英プライメタルズ 製鉄プラントの保守サービスを強化
・ディノス・セシール 婦人服通販、店舗で試着OK…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト