Eの新話(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

バラ色の水素社会に落とし穴 製造時のCO2増やすな
日経エコロジー編集部 馬場未希

(1/2ページ)
2014/1/25 7:00
共有
保存
印刷
その他

 国の中長期にわたるエネルギー利用の指針となる「エネルギー基本計画」。東日本大震災後では初めてとなる改訂版が2月以降、閣議決定する見通しだ。

 改訂案に対する人々の関心は、主に原子力発電の利用に関する記述に向けられている。その陰で「水素」が将来、中心的な役割を担うと指摘されたことはほとんど注目されていない。

■サプライチェーン構築が不可欠

ジャパンブルーエナジーの木質バイオマスを使う水素製造実証プラント
画像の拡大

ジャパンブルーエナジーの木質バイオマスを使う水素製造実証プラント

 政府は基本計画の改訂案において、2020年に開催予定の東京五輪を「世界が新たなエネルギー源である水素の可能性を確信するための機会」と位置づけた。そのうえで「必要な取り組みを今から計画的に着実に進めていくべき」と指摘している。大会運営時には水素を燃料に使う「燃料電池自動車」が活躍するとされる。

 実際、自動車メーカーは15年から燃料電池自動車の市販を始める計画である。販売台数を徐々に増やし、20年を本格的な普及元年にしたい考えだ。水素の製造、供給などを担う石油元売り会社やガス会社の計画によると、15年にも国内100カ所で水素ステーションの運営を始め、20年には1000カ所に増やすという。

 自動車に加え家庭用燃料電池やガス発電の燃料にも水素を使う「水素社会」の実現には、製造から貯蔵、輸送、販売、利用までのサプライチェーン構築が欠かせない。政府は今年度中にも、サプライチェーン全体を俯瞰した技術開発や体制整備などのロードマップをまとめる。

 水素は発電や自動車走行などの利用時に二酸化炭素(CO2)や大気汚染物質を排出しない。この環境性が注目され、燃料電池自動車は「究極のエコカー」とも呼ばれる。

 しかし、水素は天然ガスや石油など化石燃料を改質して製造するのが一般的だ。資源国で化石燃料を採掘する時に加え、製造する時にもCO2が排出される。化石燃料のまま従来通り利用する場合と比べて、ライフサイクル全体でCO2排出増につながっていないか。気候変動の国際交渉で議論されているように50年に世界で50%もの温暖化ガスを削減する場合は、製造時も含めてCO2排出量を抑える必要がある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Eの新話(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新技術は沈殿槽を使わず、電力消費量を半減できる(高知市下知水再生センターの実証設備、メタウォーター提供)

メタウォーター提供

途上国への省エネ型水処理輸出 国内施設更新の契機に

 ベトナムやフィリピンなどの途上国が、日本企業が開発した省エネ型の水処理技術を積極的に導入している。下水道整備がこれから本格化する途上国は最新技術への関心も強く、日本政府もインフラ輸出拡大の一環として…続き (7/17)

CO2など温暖化ガスの排出規制は世界的な課題だ(写真は三重県の四日市コンビナート)

CO2削減、複数国で連携構想 アジア型に期待高まる

 6月初、米国が地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱を表明したが、中国、欧州連合(EU)、日本などはパリ協定の実施を確認しており、懸念された離脱の連鎖は起きていない。不透明さはないとは…続き (7/10)

パレ・ブロンニャール(旧パリ証券取引所)に世界中の金融関係者が集まった

環境債に自主的な指針 透明性確保へ改定続く

 今月14日、パリ2区にあるパレ・ブロンニャール(旧パリ証券取引所)に、300人以上の金融関係者が世界から集まった。ここはナポレオンの命によって建築された歴史ある建物だ。開催されたのは「グリーンボンド…続き (7/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月20日(木)

  • アマゾン、食材キット宅配で商標登録
  • Amazonの「メディア価値」に気づいたエージェンシーたち:「Amazonはすでにメディアの巨人だ」
  • 英会話大手のイーオン、VRで現実感ある学習ができるアプリを公開

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月20日付

2017年7月20日付

・新日本無線、人感センサーの消費電力、最大96%削減
・富士通、新事業の種を集める仕組み 会員制工房の提供メニュー拡充など
・東京ガス、LNG一体化設備 小規模工場向け コスト3割低減
・三菱製鋼、インドで太巻きバネ生産 建機用 日系で初の拠点
・フィード・ワン、ベトナムで配合飼料を5割増産 高付加価値で攻勢…続き

[PR]

関連媒体サイト