日本経済新聞

3月29日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

班目氏、3年目の証言 「あり得た、フクシマ最悪の筋書き」
編集委員 滝順一

(1/7ページ)
2014/1/10 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 東日本大震災で起きた福島第1原子力発電所の事故当時、原子力安全委員長だった班目春樹氏(東京大学名誉教授)。原発事故時には政府に技術的助言を与える立場にあったが、的確な助言ができなかったとして非難を浴びた。2012年夏に退任して以来、表舞台に出ることはほとんどなかった同氏がこのほど日本経済新聞の取材に応じた。

 その中で班目氏は、溶融核燃料が格納容器の外に飛び出る最悪の事態を一時想定したことを明らか…

関連キーワード

班目春樹、福島第1原子力発電所、菅直人、武藤栄、東京電力、海江田万里

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2006年のトゥングラワ火山の噴火では観測データをもとに事前に住民が避難した(熊谷博之名古屋大学教授提供)

海外で活躍、日本の火山監視技術 国内で生かすには [有料会員限定]

 2014年9月におきた御嶽山(長野・岐阜県境)の噴火災害をきっかけに、火山の観測体制や噴火情報の伝え方の見直しが進んでいる。中央防災会議や火山噴火予知連絡会は噴火の前兆をとらえる観測網の充実や、噴火…続き (3/23)

観測装置を福島第1原発に設置(2月9日)=東京電力提供

溶けた核燃料はどこだ 福島第1で始まった「透視実験」 [有料会員限定]

 東京電力福島第1原子力発電所で、炉心溶融(メルトダウン)で溶け落ちた核燃料(デブリ)を探し出す作業が始まった。宇宙から絶え間なく降り注ぐ小さな小さな素粒子(ミュー粒子)の透過力を利用する。今後の廃炉…続き (3/20)

ミュー粒子、数キロメートルの物体も貫通 [有料会員限定]

▼ミュー粒子 物質を構成する基本となる素粒子の一種。1937年、米国の物理学者、カール・アンダーソン、セス・ネッダーマイヤー、仁科芳雄らによって発見された。電子の仲間だが、質量が電子より約200倍重い…続き (3/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2015年3月27日付

2015年3月27日付

・宇宙ごみを掃除せよ シンガポール発の日の丸VB挑む
・古河電気工業、厚みの誤差8割少なく 医療用カテーテルチューブを開発
・新日鉄住金ソリュ、医薬品の製造効率化 米社ソフト活用
・いすゞ、アフリカ中部にトラック整備網
・大豊工業、過給器部品をアルミ鋳造品で量産…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について