ソフトバンクと三井物産、福岡・熊本にメガソーラー

2013/11/20付
共有
保存
印刷
その他

 ソフトバンクと三井物産は19日、熊本県荒尾市と福岡県大牟田市でそれぞれメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。2014年1月に着工し、15年3月の稼働を目指す。出力は荒尾市で約22メガ(メガは100万)ワット、大牟田市で約20メガワット。2基合計で一般家庭の約1万2000世帯分の年間電力消費量を発電する計画だ。

 荒尾市と大牟田市にまたがる日本コークス工業の貯炭場だった土地を計約50万平方メートル借りてメガソーラーを建設する。投資額は非公表。ソフトバンクの自然エネルギー子会社SBエナジー(東京・港)と三井物産が合弁で設立した特定目的子会社がメガソーラーを建設・運営する。

 ソフトバンクが具体的な計画を公表しているメガソーラーは全国で累計17件になり、出力規模の合計は約290メガワットになる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:02
7:01
関西 6:05
6:00
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報