仙台空港、消える中国便 政治が影、民営化に打撃も

2013/10/19 10:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 仙台空港から中国便が消える――。中国国際航空は27日、仙台市と北京市を結ぶ定期便の就航を取りやめる。撤退ではないというが、運航の再開は未定で、1994年秋から続いた定期便が途絶える。日中関係の悪化が影を落とし、打開の妙手は見当たらない。空港民営化の全国第1号を狙う宮城県は戦略の修正を突きつけられている。

19年前に就航

 仙台空港に中国との定期便が就航したのは19年前。中国国際航空が大連経由の仙台…

関連キーワード

中国国際航空、村井嘉浩、仙台空港、大山健太郎、中国南方航空、ハワイアン航空、タイ国際航空、日本航空、アシアナ航空

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 大引
20,539.79 +17.29 +0.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/04 5:48
122.68-84 -0.47円高 -0.38%
ユーロ(円)
7/04 5:48
136.20-36 -0.51円高 -0.37%
長期金利(%)
7/03 15:37
0.480 -0.030
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報