日本経済新聞

11月23日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

五輪で東京に1000万人 過密都市ゆえの課題多く

(1/2ページ)
2013/9/10 2:01
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 2020年の東京五輪開催が決まったことを受け、恩恵が予想される関連業界では早くも期待が高まる。五輪期間中の来場者数は延べ約1000万人。東京都と政府は観光客受け入れのためにインフラ整備を急ぐ考えだ。だが五輪開催は真夏の暑い時期。快適な移動手段や十分な宿泊施設をどう確保するか、過密都市ゆえの課題も多い。人手不足で施設の建設コストが膨張する懸念も浮上している。

■交通網 1日92万人、どう移動

画像の拡大

 「夢の超特急」と呼ばれた東海道新幹線が整備されるなど1964年の東京五輪は長距離の鉄道輸送網発展の大きな転機になった。だが、今回は短距離を中心とした既存輸送網の利便性の向上が課題になる。

 20年の東京五輪の目玉は、選手村から半径8キロメートル圏内に33競技場のうち28競技場を配置するコンパクトさ。成熟した大都市ならではの利点だが、逆にいえば、観光客などが狭い地域に集中し、会場間の移動に使う短距離交通網に大きな負荷ががかかる。

 東京都の予測によれば、五輪期間中の1日当たりの会場来場者数は最大92万人。移動の核となりそうな東京メトロと都営地下鉄の乗降客数は1日当たり平均850万人だから、乗降客数が10%以上増える可能性がある。

 さらに観光客で混雑しそうなのが、都心と臨海地区を結ぶ輸送網だ。20年の五輪では江東区の有明地区に8つの競技場が集中。都心と臨海地区を結ぶ新交通ゆりかもめとりんかい線だけでは輸送能力を超える可能性が高い。

 現状、有明地区で最も人が集まるのはマンガ同人誌の即売会「コミックマーケット」や、花火大会の「東京湾大華火祭」だ。ゆりかもめでは通常1日10万人程度の乗降客数が25万人程度まで増え、増発しても乗れるまで1時間待ちとなることもある。

 ゆりかもめは豊洲から勝どきまでの延伸構想があるが、延伸だけでは不十分との指摘もある。バスなどの代替交通手段を確保したり輸送頻度を上げたりするなどの対策も重要になる。

 ゆりかもめの担当者は「従来のイベントは短期間なのでなんとかなっているが、連日となると無理。何らかの形で補ってもらうしかない」と交通網のさらなる整備の必要性を訴える。

 開催時期が真夏ということも考えれば、猛暑の中での開催というリスクも考慮する必要がある。乗降客の待ち時間を短縮する工夫が欠かせない。

■建設 人件費・資材高の懸念

東京五輪の選手村が建設される晴海埠頭(東京都中央区)
画像の拡大

東京五輪の選手村が建設される晴海埠頭(東京都中央区)

 東京都が試算する総工費は4554億円。既存施設を最大限活用するとはいえ11競技場と選手村が新設される。国内建設投資は1990年代前半のピーク時からほぼ半減しており、各社の期待は大きい。

 五輪は技術力をアピールする絶好の機会だ。58年に竣工した国立競技場の建設を担った大成建設は、5万人収容の大工事を1年余の工期で仕上げて話題を呼んだ。

 海外案件の受注拡大につながる可能性もある。鹿島の中村満義社長は「環境技術やバリアフリーなど成熟した東京を世界に認知してもらう絶好の機会になる」と話す。

 施設整備のネックになりそうなのがコスト高だ。東日本大震災以降、建設労働者の不足が深刻化している。東京都内の建設現場では鉄筋工の賃金が1日1万6千円前後と震災前に比べて4割前後高い。都は五輪開催による建設部門の雇用誘発効果を約2万5千人と試算しており人件費高に拍車をかける懸念がある。

 実際、人手不足によるコスト高が五輪施設建設に早くも影響を及ぼしている。

 東京都が今夏、近代五種などの競技会場に予定されている「武蔵野の森総合スポーツ施設」(仮称、東京都調布市)の新築工事の業者を募ったところ、手を挙げる建設会社はゼロだった。都が示した施設の建設予定価格に対して「労務費の高騰を計算に入れると利益が見込めなかった」(関係者)ためだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円) 17,357.51 +56.65 21日 大引
NYダウ(ドル) 17,810.06 +91.06 21日 16:33
ドル/円 117.76 - .78 +0.20円安 22日 5:49
ユーロ/円 145.87 - .92 -1.60円高 22日 5:49
長期金利(%) 0.455 -0.010 21日 15:04

人気連載ランキング

11/23 更新

1位
税務署は見ている
2位
わかりやすい時事解説
3位
やさしい こころと経済学

保存記事ランキング

11/23 更新

1位
人工光合成で世界最高 東芝、効率1.5% [有料会員限定]
2位
利益の大半、株主配分 カシオ9割、アマダ全額 [有料会員限定]
3位
中古マンション値上がり [有料会員限定]
日経Gooday(グッデイ)カラダにいいこと、毎日プラス

日経ウーマノミクスプロジェクト 女性が輝く社会へ 無料会員急増中
GlobalEnglish 日経版

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について