次世代加速器の候補地決定、日本企業に商機 建設や装置製造で

2013/8/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 宇宙の謎解明を狙う次世代の巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」計画を推進する科学者組織は23日、国内建設候補地を北上山地(岩手・宮城両県)に決めたと発表した。建設が実現すれば日本企業に大きなビジネスチャンスとなる。

 ILCは全長約30~50キロメートルにおよぶ地下トンネル内で電子などを光速近くに加速して衝突させる国際共同の大型実験施設。物の質量(重さ)の起源とされる素粒子のヒッグス粒子な…

電子版トップ

関連キーワード

ILC、ビジネスチャンス、三菱重工業、浜松ホトニクス、日立製作所、東芝

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
6/28 大引
15,323.14 +13.93 +0.09%
NYダウ(ドル)
6/27 終値
17,140.24 -260.51 -1.49%
ドル(円)
6/28 16:36
102.25-30 +0.24円安 +0.23%
ユーロ(円)
6/28 16:36
113.20-25 +0.32円安 +0.28%
長期金利(%)
6/28 15:11
-0.230 -0.030
NY原油(ドル)
6/27 終値
46.33 -1.31 -2.74%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報