全日空「沖縄貨物ハブ」上昇気流 国内外で路線拡充

2013/8/24 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 全日本空輸が那覇空港に設けた国際物流基地「沖縄貨物ハブ」が軌道に乗ってきた。2009年の稼働から3年半あまりが経過し、ヤマトホールディングス(HD)が沖縄ハブを利用した国際宅配便事業を始めるなど、企業も熱い視線を寄せる。全日空は来年にかけて就航地を現在の国内外8都市から3~4カ所増やし、路線網を初めて拡充する。沖縄県も物流施設の整備を進め、企業の誘致に弾みをつける考えだ。

 「あの光じゃないか?」…

関連キーワード

ヤマトホールディングス、全日本空輸、NCA、東芝自動機器システムサービス、日本貨物航空、東芝

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/01 大引
20,329.32 +93.59 +0.46%
NYダウ(ドル)
7/01 12:27
17,725.47 +105.96 +0.60%
ドル(円)
7/02 1:22
123.06-08 +0.45円安 +0.37%
ユーロ(円)
7/02 1:22
136.32-34 +0.07円安 +0.05%
長期金利(%)
7/01 17:46
0.480 +0.030
NY原油(ドル)
6/30 終値
59.47 +1.14 +1.95%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報