ジャパンシーフーズ、対馬の水産加工場を買収 アジア輸出視野

2013/8/6 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 水産加工業のジャパンシーフーズ(福岡市、井上幸一社長)は水産加工場運営会社、つしまCASセンター(長崎県対馬市、武富謙治社長)を買収した。買収額は数億円程度とみられる。同社が持つ最先端の冷凍技術を活用し、鮮度の高い対馬産の水産加工品を販売する。今後はアジアへの輸出も検討する。

 同センターは冷凍時に水産物の細胞の破壊を防ぎ、食味の低下を抑える最先端技術「CAS(セル・アライブ・システム)」が強み。…

電子版トップ速報トップ

関連キーワード

つしまCASセンター、井上幸一、ジャパンシーフーズ、武富謙治、水産加工場

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
5/27 大引
16,834.84 +62.38 +0.37%
NYダウ(ドル)
5/27 終値
17,873.22 +44.93 +0.25%
ドル(円)
5/28 5:50
110.33-34 +0.31円安 +0.28%
ユーロ(円)
5/28 5:50
122.57-61 -0.32円高 -0.26%
長期金利(%)
5/27 15:40
-0.120 -0.005
NY原油(ドル)
5/27 終値
49.33 -0.15 -0.30%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報