佐賀空港、格安航空に活路 28日に開港15周年

2013/7/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 佐賀空港が28日、開港15周年を迎える。これまでに名古屋線、伊丹線が運休。国内定期便で唯一残った羽田線は県などの地道な努力で搭乗者数がじわじわと増えている。ただ、開港当初の想定は大きく下回ったままで、収支も赤字続き。県は成長する海外の格安航空会社(LCC)に活路を求め、誘致に躍起だ。

 「旅客数が順調に伸びている」。6月中旬。全日本空輸の篠辺修社長は、東京都港区の本社を訪れた佐賀県の古川康知事に手…

電子版トップ速報トップ

関連キーワード

LCC古川康篠辺修佐賀空港全日本空輸春秋航空関家具

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報