Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

電王戦「将棋ソフト、本当の強さはこれから」
コンピューター将棋研究第一人者の飯田教授に聞く

(1/3ページ)
2013/6/26 7:00
共有
保存
印刷
その他

 今春行われたコンピューター将棋ソフトとプロ棋士との第2回「電王戦」の5番勝負で、コンピューター側が人間を圧倒した。ネット中継が大人気を博し「見る将棋ファン」を増やした点で画期的なイベントだった。コンピューター将棋研究の第一人者で、プロ棋士でもある北陸先端科学技術大学院大学の飯田弘之教授に勝敗のポイントと今後について聞いた。

飯田弘之(いいだ・ひろゆき) 1962年山形県出身。94年東京農工大大学院博士課程修了。静岡大などを経て2005年から現職。専門は人工知能、ゲーム情報学。将棋ソフト「TACOS」などの開発でコンピューター将棋の先駆者的存在。世界コンピュータ将棋選手権の世話役を長く務め、ソフト開発者たちとの交流が深い。自身はソフト開発の現場から離れ、ゲームの背後にある思考の可視化研究に取り組む。指し将棋は83年プロ四段。88年五段、00年六段。94年から棋士活動は休止している。

飯田弘之(いいだ・ひろゆき) 1962年山形県出身。94年東京農工大大学院博士課程修了。静岡大などを経て2005年から現職。専門は人工知能、ゲーム情報学。将棋ソフト「TACOS」などの開発でコンピューター将棋の先駆者的存在。世界コンピュータ将棋選手権の世話役を長く務め、ソフト開発者たちとの交流が深い。自身はソフト開発の現場から離れ、ゲームの背後にある思考の可視化研究に取り組む。指し将棋は83年プロ四段。88年五段、00年六段。94年から棋士活動は休止している。

 ――コンピューターの3勝1敗1分をどうみていますか。

 「第1局こそコンピューター側に凡ミスがあって負けたが、それがなければコンピューター側が全部勝っていたと思う。引き分けも勝ちに等しい。今のコンピューターの実力からみると、あの結果は必然だ。ただ5番勝負に意味があったのか疑問だ」

■米長先生は長い間準備していた

 ――それはなぜですか。

 「電王戦を企画した米長邦雄先生(永世棋聖、前日本将棋連盟会長、2012年12月死去)が期待したのは、先生と同じくらいに準備して対局に臨んでほしいということだった。私も依頼を受けて出場予定のプロ棋士たちと何カ月間か、一緒に勉強させていただいた」

 「でも参加したプロ棋士側は、先生が期待したような準備をしないで臨んだ。だから、そういう点ではあの結果自体にあまり意味はないと思うし、先生の期待を裏切った形になって残念だ」

 ――米長さんは早くからコンピューターの可能性に注目して北陸先端大の特任教授も務め、2012年1月にソフト「ボンクラーズ」と第1回電王戦を戦いました。

 「米長先生はかなり長い年月準備していた。私が察するに数年をかけ、電王戦の半年ぐらい前からは本当に集中していた。そしてボンクラーズと練習対局するうちに、その強さに気がついたという」

 「どうすれば自分に勝つチャンスがあるかをぎりぎりまで考え、2手目6二玉というコンピューターの意表を突く手をひねり出した。それでも最後に形勢を損ねて負けてしまった」

 ――同年3月に金沢市で開いた講演会で敗戦の弁を語りました。

 「『かぐろばに沈みて匂う夏霞 若かりし吾は見つつ観ざりき』という北原白秋の詩を引用し、コンピューターの強さに気がついていたようで気がついていなかったと語っていたのを思い出す」

 「先生の言葉を私なりに解釈してみると、コンピューターの強さというものは、先生が若いときに一生懸命挑戦していた大山康晴十五世名人の強さに重なることに気付いたのではないだろうか」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

米長邦雄羽生善治電王戦

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

道路から前輪にワイヤレス給電、EV弱点克服の一手 [有料会員限定]

 電気自動車(EV)の普及を阻む大きな要因が、航続距離の短さと車両価格の高さだ。この課題の解決策として期待される将来技術が、走行中のEVに無線で電力を伝送する「走行中給電システム」である。東京大学など…続き (7/19)

図1 不良品の出荷を防ぐ仕組み。良品条件で造られた場合のみ、仕掛かり品に貼るラベルがプリンターで印刷される

目指せ「検査工程不要」 富士ゼロックス、スマート工場 [有料会員限定]

富士ゼロックスが「スマート工場」の取り組みを推進している。良品を造るための条件(良品条件)を重視し、その探索に向けてデータを活用していることが特徴だ。同社は2004年に「トヨタ…続き (7/21)

図1 木が頭上を覆う新国立競技場の観客席。片持ち形式の屋根は構造上は鉄骨造(S造)だが、木材と組み合わせる「ハイブリッド構造」により、変形を抑制する剛性を付与した(資料:技術提案書〔2015.11.16〕、(C)大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体、パース・イメージ図は技術提案時のものであり、実際とは異なる場合があります)

日本らしさ世界にアピール 木で覆う新国立競技場

 2019年11月完成を目指して工事が進む新国立競技場。観客席を覆う長さ62mの片持ち形式の屋根架構は木と鉄のハイブリッド構造となる。5月から実大屋根鉄骨の作成準備を開始、作業手順や安全確保などを検証…続き (7/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月24日付

2017年7月24日付

・セーフィー、小型監視カメラ 暗闇もくっきり
・早大、食物アレルゲンすぐ検出 半導体素子で電流の変化測る
・住友化学、二酸化炭素(CO2)分離膜を事業化 まず化学工場に導入
・ジャパンマリンユナイテッド、造船所ごとに役割明確に 船種を分担
・EPAで資格得たインドネシア人、医療・介護施設を紹介 人材紹介のアプリ…続き

[PR]

関連媒体サイト