福岡県、住宅大規模改修に補助 費用の20%、廃屋を防止

2013/6/6付
保存
印刷
その他

 福岡県は5日、中古住宅の購入者を対象に大規模改修(リノベーション)の費用を補助する制度を10日に始めると発表した。間取りの変更といった改修費用の20%(最大20万円)を助成する。空き家などの流通を促し、廃屋になるのを防ぐことが狙い。県によると、この種の助成制度は全国の自治体で初という。

 対象はマンションや一戸建てのうち、一般財団法人「県建築住宅センター」による性能調査を受けた住宅を居住目的で購入するケース。今年度は120戸分の補助を計画している。

 空き家や廃屋の増加は人口減などを背景に全国各地で問題化。自治体は空き家をネット上で公開、移住者を呼び込む「空き家バンク」や、解体費を補助するといった対策に取り組んでいる。

保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

中古住宅リノベーション住宅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:00
6:00
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報