BPニュースセレクト

電力「見える化」や全番組録画…ベンチャー企業が成果を披露

2013/4/20付
共有
保存
印刷
その他

 2013年4月18日、ベンチャー企業による発表イベント「モーニングピッチ」(主催:野村證券、トーマツベンチャーサポート、Skyland Ventures)が行われ、50人以上が参加した。

4月18日に行われた「モーニングピッチ」

 モーニングピッチは今回が第14回の開催となり、毎回、テーマに沿った企業が登壇する。今回はハードウエア系のベンチャー企業など4社が登場した。小規模なメーカーによる、インターネット連携型の機器開発は最近になって注目を集めている。

 1社めは、機器単位で小規模な電力管理を可能にする「Energy Literacy Platform」(ELP)を提供するSassor(サッソー)。ELPは、機器とコンセントの間に挟む計測器、あるいは分電盤に設置するタイプの計測器を用いて、Webサイト上で消費電力を「見える化」する。同社代表取締役の石橋秀一氏は、分電盤に同社の製品を配備して支払い金額を抑えた飲食店の事例などを紹介した。

 2社めは、ワンセグの全チャンネル・全時間録画機「ガラポンTV」を提供するガラポン。ガラポンTVは、テレビ放送8局の90日間の全テレビ番組を録画できるほか、インターネットを経由してスマートフォンやパソコンからも視聴できるようにした。検索やソーシャル機能も備える。90日以内であればすべての番組が録画されているので「見逃し」がなくなることから、同社代表取締役の保田歩氏は「TV視聴に革命を起こす」とする。

 3社めは、iOSとAndroid向けアプリ「LIVE Scopar(ライブスコーパー)」を提供するレイ・フロンティア。LIVE ScoparはAR(拡張現実)サービスのプラットフォームとなり、スマートフォンでとらえた画像をもとに動画や静止画を表示する機能を提供する。料金を抑えた月額契約制とし、クライアント企業の要求に合わせてカスタマイズするビジネスを考えている。代表取締役CEOの田村建士氏は「ヒアリングを進めていた段階で、既に4社が利用してくれることになった」と、手ごたえを報告した。

 最後に登場したのが、パソコンなしにHD映像をインターネット配信できる映像配信機器「LiveShell PRO」などを開発するCerevo(セレボ)。社名は「Consumer Electronics(家電)をRevolution(革新)する」に由来する。代表取締役の岩佐琢磨氏は「10人ほどの規模の企業でも、安く、早く、グローバルに製品を提供できる」と胸を張った。

 この日は、福岡でも同様のイベントが初めて開催された。主催者の一人であるSkyland Venturesの木下慶彦氏は「東京だけでは、毎週開催したとしても紹介できる企業は年間200社。全国で開催場所が増え、5カ所に広がれば年間1000社のベンチャー企業と交流できる」と、さらに拡大していきたいという意向を示した。

(ITpro 菊池隆裕)

[ITpro 2013年4月19日掲載]

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

BPニュースセレクト 一覧

静岡市の資料に日経コンストラクションが加筆

リニア南アルプストンネル、水資源維持に残る不安

 リニア中央新幹線の南アルプストンネル(延長約25km)で唯一の未着工区間の静岡工区について、JR東海が工事発注手続きを進める一方、地元では交差する大井川の流量確保に不安がくすぶっている。対策の強化を…続き (17日 23:00)

米SolarReserveが豪州に建設する「オーロラ」と同じ技術で建設した集光型太陽熱発電所

豪州南部に150MWの集光型太陽熱発電所 米企業が受注

 米国の再生可能エネルギー開発事業者であるSolarReserveはオーストラリアで出力150MWの集光型太陽熱発電(CSP)を建設する。南オーストラリア州(SA)ポート・オーガスタ(Port Aug…続き (17日 23:00)

アリゾナ州チャンドラーにあるIntelのAdvanced Vehicle Labで開発中の自動運転の実験車の1つ。同社の写真

自動運転のBMW-インテル連合にフィアットが参画

 独BMW Groupと米Intel(インテル)、イスラエルMobileye(現在はIntelの子会社)の3社が中心になって進める自動運転プラットフォームの開発に、英Fiat Chrysler Aut…続き (17日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

TechIn ピックアップ

08月18日(金)

  • IDC、世界のAR/VR関連市場の予測を発表―2021年まで年率100%以上で成長
  • ソフトバンクが10億ドル超を投じる「製薬ヴェンチャー」の正体
  • 中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

関連媒体サイト