日航、エアバス「A350」導入検討 4000億円規模
2017年以降、ボーイング依存転換

2013/3/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 日本航空は欧州のエアバス製大型旅客機「A350」を購入するための本格的な検討に入った。2017年以降に20機程度導入し、現行の大型機ボーイング777型機の後継機として欧米路線に就航させる計画だ。今月末に主要機すべてがボーイング製となる日航はコストやリスク低減の観点から機材調達先の分散化を進めるのが課題になっていた。

 購入の検討に入ったのはA350―1000と呼ばれる座席数が約350席の大型機。パ…

電子版トップ

関連キーワード

日本航空、ボーイング、エアバス、シンガポール航空、日本エアシステム

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
6/27 13:08
15,245.21 +293.19 +1.96%
NYダウ(ドル)
6/24 終値
17,400.75 -610.32 -3.38%
ドル(円)
6/27 12:48
101.94-95 -1.11円高 -1.07%
ユーロ(円)
6/27 12:48
112.38-42 -2.63円高 -2.28%
長期金利(%)
6/27 12:59
-0.205 -0.005
NY原油(ドル)
6/24 終値
47.64 -2.47 -4.92%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報