速報 > 地域ニュース > 近畿 > 記事

梅田貨物駅が営業終了 吹田などに機能移転

2013/3/16 1:10
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 日本貨物鉄道(JR貨物)の梅田駅(梅田貨物駅、大阪市北区)が15日営業を終了した。鉄道コンテナの積み下ろし拠点として、138年の間、関西の経済を支えてきた。16日以降は新設の吹田貨物ターミナル駅(大阪府吹田市)などが機能を引き継ぐ。

 15日正午すぎ、特別に仕立てた「さよなら列車」が梅田貨物駅を出発し、JR貨物関係者らが見送った。関西支社の神立哲男支社長は「梅田駅の伝統を受け止め、今後の貨物事業に生かしていく」と述べた。

 同日深夜にはすべての列車の運行が終了。4月以降に解体・撤去作業に入る。跡地はJR大阪駅北側の再開発地区、うめきたの2期に活用する。うめきたの1期は4月26日に「グランフロント大阪」として開業する。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

日本貨物鉄道

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 大引
20,539.79 +17.29 +0.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/04 5:48
122.68-84 -0.47円高 -0.38%
ユーロ(円)
7/04 5:48
136.20-36 -0.51円高 -0.37%
長期金利(%)
7/03 15:37
0.480 -0.030
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報