日医工、タイで後発薬販売 4月から駐在員事務所

2013/1/31 2:45
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 日医工は4月、海外初となる駐在員事務所をタイ・バンコクに開設する。2014年春に現地法人に格上げし、タイで後発薬の販売を始める。国内で生産した製品を輸出し、富裕層が利用する現地の病院を中心に売り込む。海外事業の第1弾となる今春からの香港向け輸出に続き、東南アジア市場も開拓する。

 駐在員事務所は社員1人と現地スタッフ1人で立ち上げる。販売申請の手続きを進めると同時に、販路開拓にも取り組む。1年以内…

関連キーワード

日医工、駐在員事務所、富士製薬工業、高田製薬、DKSH

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
9/02 大引
18,095.40 -70.29 -0.39%
NYダウ(ドル)
9/01 16:35
16,058.35 -469.68 -2.84%
ドル(円)
9/02 19:11
120.07-10 +0.02円安 +0.02%
ユーロ(円)
9/02 19:11
135.25-32 -0.65円高 -0.48%
長期金利(%)
9/02 16:32
0.395 +0.010
NY原油(ドル)
9/01 終値
45.41 -3.79 -7.70%

アクセスランキング 9/2 19:00 更新

1.
株乱高下、活況ETFにみる投資家の迷い [有料会員限定]
2.
子会社社長に新卒若手を起用するメリット [有料会員限定]
3.
中国3.6兆ドルの外準マネーは張り子の虎か [有料会員限定]

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報