イスラム武装勢力、統治の空白突き拡散 砂漠縦横に
アルジェリア人質事件、テロとの戦いに転機

(1/2ページ)
2013/1/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 アルジェリア東部の天然ガス田施設をイスラム武装勢力が襲い、日本人らが犠牲になった事件は2001年の米同時テロを機に始まった「テロとの戦い」が大きく変わりつつあることを示した。アフガニスタンなどからアフリカ各地にも拡散し、版図を広げるイスラム武装勢力。かたや内向き志向を強める米国。新たな構図の中で、国際社会は戦略練り直しを迫られそうだ。

 「テロリストは8カ国の国籍のメンバーで構成されていた」「(隣…

電子版トップ

関連キーワード

セラルイスラム過激派武装勢力テロリストAQIM

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報