フットサル元日本代表を逮捕 試合中に傷害容疑

2012/12/3付
共有
保存
印刷
その他

 フットサルの試合中に相手チームの選手の首を蹴り、けがをさせたとして、奈良県警橿原署は2日、京都府木津川市梅美台6、元フットサル日本代表、原田健司容疑者(35)を傷害容疑で現行犯逮捕した。

 橿原署によると、原田容疑者の暴行行為は、相手選手を転倒させたことで審判からレッドカードを出された直後にあった。同容疑者は「カードを出され腹が立った」と話しているという。

 逮捕容疑は、2日午後6時5分ごろ、奈良県橿原市畝傍町の県立体育館で、転倒した状態の同県平群町の男子大学生(22)の首を1回蹴り上げた疑い。

 大学生の意識がもうろうとしていたため、試合関係者が119番した。

 橿原署は、搬送前の大学生から被害申告する意思があることを確認した上で、原田容疑者の行為が悪質と判断し、逮捕した。

 原田容疑者は現在、木津川市内でフットサルスクールの代表をしている。原田容疑者を知る男性(42)は「フットサル界では名前の通った人なので逮捕は衝撃的。朗らかで面倒見のいい人なので信じられない」と話した。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

フットサル傷害容疑

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:30
6:01
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報