女性社長の被災地ツアー開催 コラボラボ、現地企業と連携促す

2012/3/13付
共有
保存
印刷
その他

 中小企業支援のコラボラボ(東京・千代田)は東日本大震災の被災地企業と首都圏を中心とした女性経営者との連携を支援する。第1弾として50人の女性経営者を募って宮城県の企業などを巡るツアーを開く。現地での意見交換会などを通じて相互の理解を深める。定期的にコンサルタントなどの専門家が助言する仕組みをつくり、女性の視点を生かした新製品開発などにつなげる。

コラボラボは被災地の女性社長を交流イベントに招待した(昨年6月、東京都渋谷区)

 4月13~15日にツアーを開く。アパレル会社のエース産業(宮城県気仙沼市)や、カキなどの養殖業であるOHガッツ(同石巻市)などを訪問。経営者との意見交換を予定するほか、商店街や仮設住宅も訪れる。現在、参加する女性経営者を募集している。

 ツアー後は参加者が月1回のペースで集まる定例会も開く予定。被災地企業などと連携して「女性の発想を生かした商品開発を進めたい」(コラボラボ)。具体的には現地の素材や技術などを生かしたファッションの新ブランドを立ち上げたり、現地の食材を使った新たな商品を開発したりすることを目指す。

 事業化に向けては経営コンサルタントや会計士など専門家が助言。資金調達が必要な場合は金融機関などを紹介する。第1弾のツアーの成果を見たうえで、今後も継続するか検討する。

 事業にはリクルートの子会社でビジネスに特化したソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を手掛けるビズアイキュー(東京・千代田)などが協力する。ビズアイキューのSNSを使い、参加者が自由に互いのアイデアや事業内容などを意見交換できるようにする。

 コラボラボは2006年の設立。首都圏を中心に女性経営者向けの会員制サイトを運営する。昨年6月に都内で開催した女性社長の交流イベントでは、被災地の女性経営者を招待し、復興の進捗状況や事業の課題などを発表してもらった。

 同社の横田響子社長は「被災地と女性経営者の双方の利益になるビジネスを創出したい」としている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 20:36
20:24
北陸 18:42
7:01
関西 7:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
14:47
2:03

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報