「公害犯罪」と東電告発へ 原発事故で東北住民ら

2012/1/25付
保存
印刷
その他

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、市民団体「三陸の海を放射能から守る岩手の会」のメンバーらが24日、岩手県庁で記者会見し、東電と勝俣恒久会長ら当時の経営陣3人に「人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律」に違反する行為があったとして、東京地検に刑事告発すると明らかにした。同日、告発状を郵送した。

 告発するのは青森、岩手、宮城各県の計10人。告発の対象はほかに清水正孝前社長と、武藤栄元副社長。

 告発状によると、東電は、大地震の危険性が事故前から指摘されていたにもかかわらず対策を怠り、多くの人が放射性物質による汚染で健康を害したとしている。

 同会世話人の永田文夫さんは「東電の犯罪的行為をそのままにしていては、社会正義がなされない」と話した。〔共同〕

保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

東京電力勝俣恒久清水正孝公害犯罪武藤栄告発原発事故

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
15:00
北陸 15:03
14:59
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報