任天堂、「3DS」に追加課金型のゲームソフト
12年春発売、「続き」をネット配信

2011/12/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 任天堂は来年3月をめどに携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けソフトの販売で、追加課金型を導入する。購入したソフトで遊び終えた利用者が、希望すれば追加ゲームをインターネットでダウンロードできるようにする。追加料金は1回数百円の見通し。任天堂は売り切りを原則としたゲームソフトの販売戦略を見直し、新市場を開拓する。

 対応するゲームソフト第1弾は自社開発のロールプレイングゲーム(RPG)「ファイアー…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/01 13:48
20,300.12 +64.39 +0.32%
NYダウ(ドル)
6/30 16:42
17,619.51 +23.16 +0.13%
ドル(円)
7/01 13:28
122.52-54 +0.28円安 +0.23%
ユーロ(円)
7/01 13:28
136.43-46 -0.09円高 -0.07%
長期金利(%)
7/01 12:48
0.480 +0.030
NY原油(ドル)
6/30 終値
59.47 +1.14 +1.95%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報