TPP、知財でも日本に利点 論点Q&A
貿易円滑化、中小企業にも恩恵

2011/11/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の対象分野は関税の原則撤廃にとどまらず、貿易や投資のルール、競争政策など計21分野に及ぶ。医療関連団体など農業団体以外にも慎重論が広がるのはこのためだが、日本にとって利点が見込める交渉分野は多い。論点をQ&A形式でまとめた。

  輸出以外に日本が利点を期待できる分野は。

  知的財産権が有力だ。交渉では模倣品や海賊版の取り締まり強化が盛り込まれる見込み。特許庁の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《初割》実施中!日経電子版が2月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

TPPACTA

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:01
北陸 6:05
6:00
近畿 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報