食道がんリスク、個人差357倍 喫煙・飲酒と遺伝子で

2010/9/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 大阪大学の森正樹教授らは喫煙や飲酒、遺伝子タイプの差など食道がんの危険因子を4個併せ持つと、1つも持たない人に比べて発症リスクが357倍に高まることを突き止めた。九州大学の田中文明助教らとの共同研究成果で、22日から大阪市で始まる日本癌(がん)学会で発表する。

 飲酒で体内に入ったアルコールは酵素の働きでアセトアルデヒドに分解され、別の酵素の作用で無毒の酢酸に変わる。酒に強いかどうかは中心的な役割…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:00
7:00
関西 7:01
7:01
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
21日 21:30
21日 21:29

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報