関節リウマチ関与の遺伝子発見 理研と東大など
発症率の差も特定

2010/5/10付
共有
保存
印刷
その他

 理化学研究所と東京大学などは、関節リウマチの発症に関係する遺伝子を発見した。遺伝子を詳しく調べ、個人によって異なる配列のわずかな違いで発症割合が1.5倍異なることも突き止めた。遺伝子は関節リウマチと同じ自己免疫疾患であるクローン病やバセドウ病の発症にも関係していた。新たな治療薬開発などに役立つとみている。

 発見したのは「CCR6」という遺伝子で、リンパ球の動きにかかわるたんぱく質をつくる働きを持つ。理研の山本一彦チームリーダー、高地雄太研究員らは関節リウマチ患者2303人とそうでない3380人の血液を採取、比較して、同遺伝子を見つけた。

 CCR6の遺伝情報の並びは個人によってわずかに異なり、3種類のタイプが存在。それに応じて関節リウマチへのかかりやすさが違っていた。最もかかりやすいタイプの人は、最もかかりにくい人に比べ発症する割合が1.5倍高かった。

 関節リウマチの発症に関係する遺伝子はこれまでも報告があるが、数百人規模の患者調査やマウスの研究によるもの。今回ほどの大規模な患者調査で遺伝子を特定したのは初めてという。研究には東京女子医科大学、京都大学も参加した。10日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)に掲載される。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:02
23日 7:01
東北 23日 7:01
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:01
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 2:00
2:00
北陸 23日 7:02
23日 7:01
関西 3:00
2:30
中国 23日 6:02
23日 6:00
四国 23日 6:02
23日 6:00
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報