日本対豪州、0―0で延長戦 サッカーアジア杯決勝

2011/1/30付
共有
保存
印刷
その他

 【ドーハ共同】サッカーのアジア・カップ最終日は29日、ドーハで決勝を行い、2大会ぶりで単独最多となる4度目の優勝を狙う日本は初制覇を目指すオーストラリアと対戦し、0―0で後半を終えて延長に突入した。

 日本はオーストラリアの高さを生かした攻撃に押し込まれたが、GK川島(リールス)や出場停止明けの吉田(VVVフェンロ)ら守備陣が踏ん張った。後半に岡崎(清水)が惜しいヘディングシュートを放った。

 日本はザッケローニ監督就任後、初の公式大会優勝が懸かる。

 両チームの対戦成績は日本の5勝6分け(PK勝ち1を含む)7敗。2007年の前回大会では準々決勝で顔を合わせ、日本がPK戦を制した。

 優勝チームは13年にブラジルで開催されるコンフェデレーションズカップの出場権を得る。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

サッカーアジア杯

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:30
6:01
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報