突然、株式相場界へ 石井得雄氏
市場経済研究所代表 鍋島高明

(1/3ページ)
2014/2/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 石井得雄は広島の素封家に生まれ、慶応義塾に学び、早稲田に転じたという変わり種。早稲田の政治経済科を出ると同郷の大先輩、井上角五郎の紹介で満韓起業同志会に入る。井上は福沢諭吉の門下生で「蟹行将軍」の異名を持ち、政財界で大暴れした人物。石井は満州や韓国で実業家として一旗揚げようと志す若者を支援する立場にあったが、ある日突然株式投機の町北浜の人となる。日露戦景気で株価が沸騰するのを間近に見てじっとして…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワード

石井得雄

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報