任天堂、5年7カ月ぶり安値 株価反転のカギは「3DS」

2011/7/27 21:18
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 任天堂(7974)の株価が下げ止まらない。27日は一時、前日比2.7%安の1万3770円まで下落。2005年12月26日以来、5年7カ月ぶりの安値を付けた。2月に発売した3次元の画像が楽しめる携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売が伸び悩んでいるうえ、スマートフォン(高機能携帯電話)の普及を追い風にした交流型ゲームの躍進も気がかり。市場では「株価浮上のきっかけがまだ見えない」(バークレイズ・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

株式のニュース・コラムをもっと読む[マーケット]

ランキング&データ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:35
7:05
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報