マツダ株、急騰演出した「順張り個人」
証券部 後藤達也

(1/3ページ)
2013/2/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 7日の東京株式市場ではマツダ株の急騰が話題をさらった。売買代金は2000億円を超え、東京証券取引所第1部で断トツの首位となった。株価も12%上昇した。前日に業績上方修正があったとはいえ、その材料だけでこれほどの大商いと株高につながる動きに違和感を覚えた市場関係者は少なくない。一体何が起こっているのか。

 この現象を解き明かす1つのデータがネット証券最大手SBI証券の売買動向にある。この日、マツダ株…

電子版トップ

関連キーワード

後藤達也マツダ順張り売買代金グローバルパンアジアエクイティプロダクトヘッドトヨタ自動車SBI証券東京証券取引所みずほフィナンシャルグループソニー大和証券ゴールドマン・サックス証券みずほ証券

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報