ソニー人気復活、家電は危機を脱したのか
電子報道部 小林茂

(1/3ページ)
2013/1/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 株式市場でソニーの人気が復活している。売買代金は18日から29日まで8営業日連続で東証1部トップに立ち、30日も三菱UFJフィナンシャル・グループに次いで2位だった。28日は1400億円を超え、2007年4月以来約5年9カ月ぶりの高水準を記録。株価は29日に一時1419円まで上昇し、2012年12月末から1カ月で48%上昇という異例の好成績を達成している。国際優良銘柄の代表格として、世界の機関投…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワード

スクランブルソニー小林茂売買代金スクラアベノミクスシャープ三菱UFJフィナンシャル・グループメリルリンチ日本証券シティグループ証券パナソニックオリンパスクアルコム

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報