スクエニHD、和田洋一社長「開発立て直しには1、2年かかる」

2011/5/13 22:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 スクウェア・エニックス・ホールディングスが13日に発表した2011年3月期の連結決算は、最終損益が120億円の赤字(前の期は95億円の黒字)だった。「ファイナルファンタジー(FF)14」など大型タイトルの発売延期が響き大幅減収となったほか、ソフト開発中止に伴う損失などを計上。上場来初の赤字に転落した。都内で開いた決算説明会で、和田洋一社長は「ゲーム開発が想定以上に弱くなっていた。立て直しには1、…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

秋割実施中 お申し込みは10/10まで

電子版トップ

関連キーワード

和田洋一スクウェア・エニックス・ホールディングスファイナルファンタジーソフト開発最終損益アイドスFFロンドンネットゲーム社長ゲームソフト携帯電話開発立て直しドラゴンクエスト経営トークゲーム大型タイトル経常利益

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報