長期金利、一時1.015%に急上昇 財政拡大を懸念

2010/8/27付
共有
保存
印刷
その他

 27日の債券相場は大幅に続落。新発10年物国債である309回債利回りは前日比0.065%高い1.000%で推移している。一時同0.080%高い1.015%まで急上昇し、13日以来、2週間ぶりの高水準となった。民主党の代表選に積極財政論者とみられる小沢一郎前幹事長が出馬表明し、首相になる可能性が出てきた。財政規律を重視する菅直人政権から財政拡大路線に転換することになれば国債増発につながるとの見方から売りが膨らんだ。菅首相が今日中に円高対策を発表すると昼休みの時間帯に伝わり、後場に日経平均株価が上昇に転じると売り圧力が強まった。

 新発20年物国債である120回8月債は前日比0.115%高い1.680%で推移している。一時は0.140%高い1.705%に上昇し、6日以来3週間ぶりに1.7%台に乗せた。財政拡大への懸念から、これまで短期売買を手掛けていた市場参加者の売りが急速に膨らんだ。

 中短期債も売られた。新発5年物国債である90回8月債利回りは同0.025%高い0.280%となった。日銀の追加金融緩和への期待から朝方は買いが先行したが、長期債や超長期債の下落を受けて売りが出た。前日に入札された新発2物国債である296回9月債利回りは同0.010%高い0.130%となった。

 先物中心限月の9月物は前日比27銭安の142円55銭で取引を終えた。現物債市場で超長期債を中心に売りが膨らむと、先物にもヘッジ売りが出て、一時同46銭安の142円36銭まで下落した。午前中は前日の米債券相場の上昇を手掛かりに買いが先行。寄り付き直後には143円ちょうどを付けた。〔日経QUICKニュース〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

小沢一郎利回り菅直人債券相場日銀日経

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:45
9:05
北陸 7:02
7:01
関西 6:05
6:00
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
19:30
14:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報